【喜びの声】慢性的な肩こり 10年以上悩んでいた肩こりが治りました

  こんにちは。愛YOUカイロプラクティック院でございます。

お客様より喜びの声を頂きましたので、紹介致します。

 

肩こり
27歳 サービス業

 

  慢性的な肩こりで、10年以上悩んでいました。仕事柄、腕を使う事が多いのですが、背中まで腕が回らなくなり、これはいけないと思い治療を考えました。

  はじめ、肩や腕の検査をすると、動かし方や可動域にかなり制限が掛かっていました。症状としては四十肩、五十肩と言ってもいいほど、重症だと感じました。通常であれば足元からバランスを整え、肩への負担を減らしていくと同時に、血流を促進させ「こり」をとっていくのですが、固さが肩こりの範疇を越えていたので、まずは肩周りを集中的に緩めていきました。
  2~3回で腕が背中まで十分回るようになり、そこから全体のバランスを整え、状態を安定させていきました。今では、腕もすっと上がり、背中にも難なく腕が届くようになりました。

 

  肩こりが重症化し、肩周りの筋肉が拘縮を起こし出すと可動域に制限をかけ、腕が上がらなくなる四十肩・五十肩になるリスクが高くなります。早い段階でケアすることで、少ない回数で解消されるので、思い当たる方は早めに治療を考えてみてください。

 

  快く写真を撮って頂きありがとうございました。これからもしっかりとケアしていきましょう。

 

背中まで回るようになって驚いています!

背中まで回るようになって驚いています!

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 肩こり | コメントする

自律神経失調症と骨盤との関係?

  骨盤についてのブログも4本目になりました。骨盤は身体の土台として様々な影響を与えますが、骨格や筋肉だけでなく自律神経とも密接に関わっています。今回は、骨盤と自律神経の関係について

  あまりイメージにないかも知れませんが、骨盤と自律神経は大いに関係してきます。まず、自律神経というのは活発に動くための交感神経、休息のための副交感神経の2つの働きの事ですね。そして、それらをコントロールしている、いわゆる“司令塔”のようなものが首の付け根にあります。

 

  骨盤は背骨と繋がっています。そして、背骨は頭まで繋がっていますので自律神経にも影響してきます。これにより、直接的な関係はなくても間接的に骨盤の歪みと自律神経は関係していると言えますね。
  つまり、骨盤に何らかの異常があると、それが背骨にも影響し自律神経にも異常が出てしまう、という事です。

 

骨盤が歪むとどう影響する?

  骨盤が前傾や後傾(前に倒れたり、後ろに倒れる事)すると、猫背や反り腰になります。姿勢が悪くなると頭を支えている首に直接負担が掛かってしまいます。実は、頭は身体の10%ほどの重さがあると言われています。意外と重いですよね。そしてその重さを支えているのが首です。猫背や反り腰によってバランスの崩された首は余計に負担を掛けてしまい、結果的に自律神経が上手く働かなくなってしまうわけです。

 

  自律神経が上手く機能しないと、頭痛やめまいのような様々な不調を引き起こします。

  ですので、骨盤の歪みを改善することで、自律神経失調症(交感神経と副交感神経が上手く機能していない症状)を改善することに繋がる、という事です。

  しかし、自律神経失調症というのは、心理的な不安や問題も原因となるので、骨盤が整ったからと言って簡単に改善するものではありません。しかし、骨盤を整える事によって気分がリラックスしたり、過度にストレスを感じにくくなるなどの影響もあるので、自律神経失調症の改善にはいい影響を与えます。

%e8%87%aa%e5%be%8b%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e3%81%a8%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e3%81%ae%e6%ad%aa%e3%81%bf

悪循環になる前に

  骨盤の歪みが姿勢の悪化を引き起こし、姿勢の悪化が自律神経失調症を引き起こす。

  そして、自律神経失調症が、筋肉の硬直や、慢性的なストレスを引き起こし、それが骨盤の歪みに繋がってしまう。

 

  この悪循環のサイクルが出来てしまうとなかなか症状を改善することが難しくなってきます。まずは自分の身体の異変に気付く事と、徹底して、自分の生活を見直す事が必要になってきます。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 自律神経失調症 | コメントする

自分の骨盤の開きが簡単にチェックできる?

  最近、注目を浴びている骨盤矯正。“骨盤を閉じる”とダイエットや健康にいいと言いますよね。
でも、実際に骨盤を閉じると言われてもピンとこない人の方が多いと思います。ですので、今回は骨盤が閉じる開くとはどういうことなのか、その仕組みや原因についてご紹介します。

 
 

骨盤が開くってどういう事?
 

  そもそも日本人は元々骨盤が開いている方が多いと言われています。欧米のいわゆる白人に比べて、骨盤が後傾している身体の作りになっているので、どちらかと言うと開きやすいのです。
 
  そして、女性は出産時には骨盤が大きく開き、産後、少しずつ骨盤は閉じていきます。正常な骨盤はハートのような形をしており、開くと若干四角い形になってしまいます。“骨盤が開いている”というのは、出産や日頃の癖によって、本来適度に閉まっているべき骨盤が“開きっぱなし”になっているという事です。骨盤が開きっぱなしになると、だんだん内臓が下垂し、ポッコリお腹の原因になってしまいます。また、骨盤の歪みにも繋がってきます。

 

骨盤が開いてしまう原因とは?

 
  これは、前回のブログでもご紹介したように、多くは日頃の癖や習慣、また女性の場合は出産によるものです。特に注意しなければいけないのは、足を崩して座る、いわゆる女の子座りが癖になっている方や、座る時に足を組んで座る方です。他にも同じ手でカバンを持つ、なども原因になりますが、座り方は特に気を付けた方が良さそうです。

 

簡単なチェック方法
 
  自分の骨盤が開いているのか閉じているのか簡単にチェックする方法があります。

  まず、手をついて足を伸ばした状態で座り、全身の力を抜きます。この時、膝は伸ばし切ったままです。この状態で、かかとからつま先にかけて、両足の角度を確認します。
%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

 

  80度~90度なら骨盤は正常です。
  90度以上開いている方は骨盤が開き気味だと思った方がいいです。逆に角度が60度位の方は骨盤が閉まり過ぎだと考えましょう。

 
 

  このチェックで、まずは自分の骨盤の状態を知ってから対処法を考えるといいですね。
  骨盤の開きすぎ、閉じすぎはどちらも身体には悪影響ですので、出来るだけ正常な80度~90度に戻せるようにしましょう。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 骨盤美容 | コメントする