【喜びの声】妊娠中の辛い関節痛が治まりました。産後の骨盤矯正もお願いしたいです。

  こんにちは。愛YOUカイロプラクティック院でございます。 お客様より喜びの声を頂きましたので、紹介致します。

 
股関節痛 仕事中の首の痛み
37歳妊婦(妊娠中期25週目) 会社員

 
  妊娠前から重たくて辛い首の痛みがありました。妊娠7か月(25週目)頃からは左のお尻が痛むようになってきて靴下を履く時とか椅子に座る時、しゃがむ姿勢をとる時に左のお尻が引っ張られて痛く違和感が続いていました。
 
  HPの【妊娠中の施術ができる】との案内を見てご来院されました。
 
 

  問診を行ってから身体を診させていただいたところ、首の痛みについては常にパソコンに向かう仕事で猫背になっていたためで妊娠7か月目からのお尻の痛みや違和感は骨盤と股関節のゆがみにあると考察しました。つわりが始まる妊娠初期から上半身に力が入るせいで首の痛さを伴う場合もありますので上半身のこわばりも気になりました。

  施術回数は全10回でした。
初回1~2回:身体全体をほぐしていく
  妊婦さんなので無理のないよう2回にわけて身体全体をほぐし筋肉が緩むようにソフトに施術を行い、骨盤を揃えるようにアプローチしていきました。痛みの度合いは初回より半分になったけれど、施術直後に比べると団々と痛みが戻ってくると感じておられました。
 
 

3回目の施術:股関節のゆがみを整える&首周りの施術
  3回目の施術では身体全体の筋肉の張りがとれてきたのでゆがんだ骨盤や股関節がまっすぐに戻るように調整をかけるため骨盤の仙腸関節の硬さをとり、首の付け根の痛さやだるさの原因である首と頸椎と後頭部の詰まりをとっていく施術をかけていきました。

 
 

4回目の施術:以前のゆがんでいた身体と今の整った身体の違いが分かるようにする
  痛みの頻度が非常に減ったが不安定さが残るとのご感想をいただきました。以前のゆがみのあった身体は生活習慣によって癖になっています。その為、調整を施したバランスのとれた身体の感覚と普段の癖づいてゆがんだ状態の身体の感覚がギャップをおこして不安定さを感じるようになっています。

 
 
5回~6回目の施術:週1回の定期的な施術でゆがみのとれた身体の癖付けを施す
  5回目・6回目の施術は定期的に(週1回)お越しいただき今のバランスの整った体を定着(身体が覚える)させるために癖付けをしていきました。

 
 
7回目~10回目の施術:3週間に1度の施術
  出産後期に入ったので3週間に1回お越しいただきました。妊娠後期になるとお腹が急激に大きくなり子宮底が高くなり体が出産の準備に入ります。お腹の重みも増してくる時期なのでむくみの感じるところやだるさを感じるところを伺いながら身体のケアをしていきました。出産1週間ぐらい前までお越しいただくことが出来ました。骨盤が安定しているのであかちゃんにとってもおなかの中が過ごしやすい環境だったんですね~(*^▽^*)

 
cimg0608

  快く写真を撮っていただきありがとうございました。
出産後に骨盤矯正にも来ていただけるとのこと。とても嬉しく思っています。
  骨盤矯正は産後半年がとても有効です。ぜひお越しください。お待ちしております。

 
%e9%a3%af%e5%b0%be%e5%85%88%e7%94%9f

 
 
  今回のマタニティ整体を専門的にお話しすると
 
  右の股関節が前方転位、左の股関節が後方転位、右側の腸骨が後傾して(後ろに倒れる)仙腸関節が非常に硬くなっていました。左が後方転位になっているので内転筋(内ももの筋肉)が硬くなって内側(お尻側)に引っ張られていきます。この状態でしゃがんだり靴下を履く時に屈むと、すでに引っ張られて伸びている筋肉をさらに引っ張るのでお尻側がすごくつよく引っ張られて、傷んだり違和感が出るようになります。

%e8%87%bc%e7%8a%b6%e3%81%ae%e3%81%8f%e3%81%bc%e3%81%bf

 
・解説・
  転位とは元あった所から位置が変わること。いわゆる【ゆがみやずれ】の事です。
股関節の前方転位とは、股関節の前方向へのズレの事で、大腿骨(太ももの骨)の先端が骨盤のクボミから、前の方に少しズレていることをいいます。このことで足の長さも長く見えます。後方転位は、その逆に後方にズレてる状態なので足の長さは短く見えます。この為、右の股関節が前方転位、左の股関節が後方転位となると、左右で足の長さが変わって歩きにくくつまづきやすくなってきます。

 

骨盤を知ろう!
  皆さんは【骨盤はどこにありますか?】と聞かれると腰辺りに手が行きますよね。コレと思って触っているのは寛骨(詳しくは腸骨)です。実は骨盤という骨はなく、寛骨(かんこつ)+仙骨(せんこつ)+尾骨(びこつ)の3つの骨を合わせて骨盤と呼んでいます。
  図で見ていきましょう。
赤い車線部分が寛骨です。寛骨は腸骨(ちょうこつ)、恥骨(ちこつ)、坐骨(ざこつ)で構成されていて左右一対です。

 
%e5%af%9b%e9%aa%a8

  仙骨は骨盤の真ん中にある部分です。

 
%e4%bb%99%e9%aa%a8

  尾骨は仙骨の先端にあります。

 
c%e5%b0%be%e9%aa%a8

  骨盤は身体の中心にあって上半身と下半身をつなぐ役割があるため動かしやすく非常に柔軟にできています。骨盤の構造はシンプルで(仙骨と腸骨)をつなぐ関節(仙腸関節)が一つあるのみで骨盤をささえている主な力は仙腸関節周りの筋肉と靭帯です。柔軟な骨盤はいいかえれば不安定な骨盤ともいえます。

  さらに妊婦さんはホルモンの影響で身体の関節が動きやすくなっていて身体の変化に柔軟です。出産に備えて骨盤が開きやすい状態になっているのですね。しかし、普段の生活習慣から骨盤のゆがみを生じやすい状態でもあります。
  赤ちゃんを守るためにおなかを支えるのに身体が疲れやすくなっていることに加え、腰痛や肩こりがさらに加わるのはとても辛いことです。我慢しつづけることは妊婦さんにも赤ちゃんにも良くありません。
妊婦さんと赤ちゃんにとって安定した骨盤づくりをすることで腰痛や股関節痛も和らぎます。
 

  我慢せずにお気軽にご相談ください。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 産後骨盤調整 | コメントする

【喜びの声】まったく上がらなかった肩があがるように!痛みもなくなりました。

  こんにちは。愛YOUカイロプラクティック院でございます。
お客様から喜びの声を頂きましたのでご紹介致します。
 
 
五十肩
40代 女性

 

  左肩が上がらず、着替える時や寝返りを打つ時さえも痛みがありました。学校の先生をしているので腕が上がらず、動かせないのはとても困るとお悩みでした。
  全身検査をさせて頂くと、全身の筋肉のこわばりが強いことが分かりました。左肩を上げてみていただいたときも手が腰より上へあがらない状態でした。

 
  最初の施術5~6回を通して全体的に身体を調整して身体全体を動かしやすいように調整をしていきました。肩が動かしやすい状態になったところで肩周り、肩甲骨周辺、上腕骨周辺、あとは大胸筋などの硬さを取っていく施術に切り替えました。10回ほどの施術で普段の痛みはかなり減っていき、さらに5回ほど施術をしていくうちに痛みは出てこなくなりました。
 
 
  ただ、痛みは無いけど肩が上がり切らない。という課題が残りました。
  体の状態をご説明しどこまで肩が動かせるようになりたいか相談し【もっと動かせるようになりたい】とのご要望で、続けて可動域を広げるように調整させていただきました。最終的には腕が耳に付く程上がるようになり、喜ばれてご卒業されました。
 
 
%e5%a4%a7%e9%87%8e%e3%81%9f%e3%81%8d%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%91000快く写真を撮って頂きありがとうございました。

%e4%ba%94%e5%8d%81%e8%82%a9%e5%b0%be%e4%b8%8a%e5%85%88%e7%94%9f

 
五十肩3段階チェック あなたはどのステージ?
 
 
① 重度!すぐにでも治療が必要です施術回数:20~30回以上
  腕が水平まで上がらない
%e4%ba%94%e5%8d%81%e8%82%a9%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84

・あげようとすると痛い
・他の人が動かそうとしても、固まっているように動かない
・寝返り、寝ているだけでも激痛がある
 
 
② 中程度!何気ない動きに支障があるのでは?施術回数:10~20回
  腕が水平までは上がるけど、痛みが強い
%e4%ba%94%e5%8d%81%e8%82%a9%e6%b0%b4%e5%b9%b3
・服を着る時に動かしづらい
・ちょっと離れたところの物を取るのに腕を伸ばせない
・他の人が動かすと、途中で止まる
 
 
③ 軽度!でも立派な五十肩 施術回数:8~10回
・反対の腕と比べると真上まで上がらない
%e4%ba%94%e5%8d%81%e8%82%a9%e5%b7%a6%e5%8f%b3%e5%af%be%e7%a7%b0

・腕をあげると痛みがある
・ふとした時に痛みが走る
・他の人が動かすと真上までいくけれど、自力だと上がりきらない

 

  あなたはどのステージでしたか?軽度でも放っておくとどんどん進行してしまうので、早めに対処しましょう!

 

ワンポイント
  腕を上げるための筋肉たちをご紹介します。
 

三角筋、棘上筋、棘下筋
%e4%b8%89%e8%a7%92%e7%ad%8b

%e4%ba%94%e5%8d%81%e8%82%a9%e6%a3%98%e4%b8%8b%e7%ad%8b

  肩甲骨のぼこっと出ているところを肩甲棘、その棘の上にある棘上筋と三角筋が腕を下から水平に(90度)上げるときに使います。
  棘下筋 前鋸筋は肩甲骨を前に動かして腕を上げるときにサポートしてくれます。

  大胸筋、前鋸筋
%e5%a4%a7%e8%83%b8%e7%ad%8b
%e5%89%8d%e9%8b%b8%e7%ad%8b

  大胸筋はひじの上げ伸ばし前から動かすときに使います。付随して上腕二頭筋もほぐしていくと効果的です。

 

  この筋肉達がガチっと縮こまってそこから動けない状態を筋肉の拘縮といいます。
  拘縮を起こすと筋肉が骨とくっつき癒着してしまい身動きが取れなくなります。その固まった状態で無理に動かそうとすると痛みが出ます。

 
  筋肉は伸び縮みします。伸びることによって縮むことが出来るので肩を上げたり下げたり曲げたり伸ばしたりすることが出来ます。
  長い間五十肩のままでいると、拘縮が続いているせいで筋肉が弱ってしまいます。使うことがなくなるというか使えなくなっている為です。筋肉の硬さが取れるのと並行して筋肉を動かす練習をすることをおすすめします。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 五十肩・四十肩 | コメントする

【喜びの声】急にお腹が痛くなる症状が改善されました

  こんにちは。愛YOUカイロプラクティック院でございます。 お客様より喜びの声を頂きましたので、紹介致します。

11歳 小学生
急にお腹が痛くなり下しやすい 膝、肘に痛みが出やすい しもやけができやすい

  なぜかいつも急にお腹が痛くなって下しやすく、その痛みもながく続くご子息の事を心配されたお母さまが当院へご相談にお越しになりました。
  自律神経の乱れで腹痛を起こすこともありますが、自律神経が原因の場合、頭痛や不眠がよく併発されることが多いですが、診察時それらは無いとのことでしたので自律神経の問題というよりは体の構造的なトラブルが大きく関わっていると考察しました。

 

  まず、立ち姿勢を診させて頂いたところ、座っている時も猫背、立っている時も猫背になっており、姿勢が良くない事がわかりました。特に立っている時の猫背は反り腰で骨盤が前傾となり骨盤で受け止めているはずの内臓が支えられておらず、全体的に下に下がりやすい状態となっていました。お腹が痛くなる原因は、腸よりも上にある内臓が下がってくることによって腸が圧迫されていたからなんですね。
  なぜ急に痛くなるのかというと、それは腸の蠕動運動にあります。腸には食べた物を動かし排便させる働きがありますが、圧迫されて既に苦しい腸が物を入れたくない状態になり、早く腸を動かして腸外へ食べた物を送り出そうとする腸の素早い動きの結果、早く行われる蠕動運動が痛みとして体に現れていました。そして食べた物を早く輩出しようとするので消化不良がおき下痢になりやくなっていたわけです。
  そこで骨盤を真っ直ぐに起こしてバランスのとれた状態にすることにより、内臓がしっかりと支えられる状態になれば改善がみられると考え、施術を行いました。

 

  経過は、1回目、2回目は変化があまり感じられないとの事でしたが、3回目でお腹の張りが取れて、姿勢も前傾姿勢の具合が軽くなってきました。5回目の施術では、お腹の痛みは出るけれど、痛みの続く時間が減り、施術前より痛みの感覚がかなり短くなったと実感して頂けました。6.7回目は今までの頻度ではお腹の痛みは出なくなったとのこと。そこで、少し間隔をあけて施術をすることにより、調整を行っていきました。
  最終的に11回の施術でお腹を下すことが無くなり、症状が治まるようになりました。

 
  そして、姿勢を整えていく過程で立ち姿勢のバランスをみた時に左足の動きが悪いために右足に偏るような立ち方をしやすくなってしまい、余計な負荷が掛かり、膝の内側に痛みがでていることも分かりました。
姿勢が良くなると無駄な負荷が掛からなくなるため血液循環も阻害されることなく末端まで血液がいきわたりますので、しもやけのシーズンもきっと困らず過ごすことができますよ。体のバランスを整える事によりすべての症状が改善されましたね。
  当院はお客様の困りごとをしっかり受け止めてしっかりサポートしていきます。これからも何でもご相談ください。

 

お腹が頻繁に痛くなっていましたが、今ではほとんどありません

お腹が頻繁に痛くなっていましたが、今ではほとんどありません

快く写真を撮って頂きましてありがとうございました!

%e6%96%bd%e8%a1%93%e8%80%85%e5%b0%be%e4%b8%8a%e3%82%88%e3%82%8a%e3%80%80%e9%81%8e%e6%95%8f%e6%80%a7%e8%85%b8%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4

 

知っていますか?猫背になるとおなかが痛くなります。

  猫背の人の座り方を見てみましょう。
自然に座った状態で背中が丸まってしまう人は腰のところがカーブがきつい状態になっています。とくに腰椎部分、胸椎にかけての胸腰移行部というところの後弯がきつくなるような座り方をしています。

  ただ、この状態から立ってみると、逆転して反り腰になってしまいます。腰椎が前に入っていくような状態ですね。この座っているときは丸まってしまうのに立つとそってしまう状態は矛盾しているようなんですけど、実は、腰椎が沿って前に倒れている前傾の状態で固まってしまっているので、座ろうとしたときに腰を落とすと、背骨がそのまま引っ張られて猫背の状態になってしまいます。つまり、前傾姿勢のそり腰で立っていることが癖になると、必然的に猫背になるということですね。

 

%e7%8c%ab%e8%83%8c%e3%83%a1%e3%82%ab%e3%83%8b%e3%82%ba%e3%83%a0

 

そり腰がおなかを痛くする?

 
  では本題です。
  なぜ、前傾姿勢がおなかの症状につながるのでしょうか。

 

%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e8%aa%ac%e6%98%8e


  おなかには内臓、腸などがおさまっています。骨盤が、立っているときに前傾すると、骨盤で受け止めているはずの内臓が、でろ~んと下に落ちちゃうんですね。もちろん落ちるといっても腹膜があるので落ちきるわけではないんですけど、胃だったり、肝臓だったり、腸の上には大きな臓器がありますが、これらも引っ張られて落ちてくるので結果的に下で腸が圧迫を受けるようになります。


%e8%a0%95%e5%8b%95%e9%81%8b%e5%8b%95

 

  そうなると、腸は蠕動運動で排便させていく動きをする際に、圧迫を受けているので、お腹はすでに苦しい状態にあります。腸の具合が悪いので、あまり物を中に入れたくないので痛みを起こして(蠕動運動を早くして)早く排便させていこうという働きをします。
  だから、この前傾状態の姿勢でいると、腸が圧迫を受けて急におなかを下しやすいという状態が出来上がってしまうのですね。
  したがって骨盤を起こしてまっすぐした状態、バランスの取れた状態にしていくことで改善がみられるということです。

 

  • まとめ
    ・そり腰の前傾姿勢が猫背をつくる。
    ・前傾姿勢だと内臓がうまく支えられず腸が圧迫されて腹痛がおきる。
    ・ 骨盤を起こし、全体の身体のバランスを整えることで内臓が正常に支えられる
    ようになり通常通りの腸内運動ができるようになり、腹痛がなくなる。

 

 

 

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: お客さんの声, ブログ, 自律神経失調症 | コメントする