【外反母趾】足の痛みが無く旅行も楽しめるようになりました。

外反母趾


67歳女性 主婦

外反母趾の痛みがある
特に左足
足の甲が痛みが強かった

5年程前から痛みが出始めていました。
テーピングをするといいと聞いて、テーピングをして生活していました。
テーピングをするといくらか痛みは和らいでいました。

テープを使い続けるのも大変だし、テーピング無しで生活がしたい。
足の痛みはなくならないので旅行には中々出かけられない。
というお悩みでした。


調整:【1回目2回目】

痛みがまだ出る状態で変化はあまり感じられませんでした。


調整:【3回目】

3回目からは足にすごく変化を感じるようになりました。
いままでできなかった正座ができるようになりました。


調整:【4回から7回目】

痛みが出たり、動きにくさがあったりなどしましたが、
7回目のころにはお友達と旅行に行くことができました。
足の痛みが出るんじゃないかと心配だったけど、
そんなに痛みもなく歩いて旅行楽しめましたという事で大変喜んでいただけました。


調整:【8回目・9回目】

8回目・9日目を通して特別痛みが出るという事は無くなりました。


調整:【10回目】

10回目の頃にはテーピングすることもほぼなくなった状態です。
ここからは月1回のメンテナンスで生活での痛みを詳しく聞きながら
生活でも痛みがそれほど出ることなく問題なく過ごせている状態まで回復しました。


aiyouchiro-gaihanboshi

快く写真を撮ってくださりありがとうございました。


gaihanboshi-komento
右足で説明します(^^♪


外反母趾は親指が曲がり親指の骨が変形してしまう症状です。
親指に変形が出て外側に曲がってしまうことを外反母趾というんですね。

どうして親指が曲がってしまうかというと、よく言われるのは
「体重の乗せ方が悪い」「歩く方が悪い」「使っている靴が悪い」などいろいろありますが、一言でいえば足の関節にねじれが生じているという事です。

■外反母趾になる人は前段階がある!■


ねじれの生じる原因は歩き方や立ち方にあります。
gaihanboshi-seijounajusin  立ってる時に真っ直ぐ体重が乗って歩けていると何の問題もありませんが、
外反母趾になる人は立った時に横に体重が逃げて小指側に体重が乗った歩き方立ち方をしています。
gaihanboshi-wanpointo

 

下の図を見てください。
gaihanboshi-nanaemenojusin
外反母趾になる人は体重が足に真っ直ぐ乗らず、①のように体重が横に逃げるんですね。小指側に体重が乗っているんですけどこのままだと外に倒れてしまうので内側に戻す働きが出てきます。内側に体重を持っていくと親指が踏ん張って②のように寄せられるんですね。
こうなると③です。足の指と甲のあたりの丸みのある部分のアーチが潰れて足がベターっと平らになっていきます。
平らになってくると開帳足といって指の間が広がるような状態になってきます。
これが外反母趾の前段階になります。


  最初の踏み出しで斜めに体重が乗った歩き方を続けていくうちに①~⑤の指は広がるけども親指は外側にもっていかれるので変形が進んでいって外反母趾になります。
gaihanboshi-kaichousoku
指が広がっていくと中足骨という指の骨が5本ありますけどこの間が広がります。
ここが体重を受け止めるクッションになっているのですが、これがベターっと潰れてクッションがなくなるので体重を骨と筋肉がガツンと受け止めてしまって逃がせなくなってしまいます。その時に指が広がります。
つまり親指が変形する原因は体重の乗せ方にあります。
足に体重を乗せたとき、着地させるときのスタートの時点での体重のかかり方が中心からずれていることが問題になっています。

■足のアーチが体重を受け止めて逃がすクッションの役割をしています。■
gaihanboshi-a-ti

アーチの説明をします。


正面のアーチが1つ。そして内側のアーチ、外側のアーチこの3つのアーチが正常に作用して体重は支えられています。
このアーチが崩れる事により足の構造の崩れがでてきます。
足の骨はたくさんあります。距骨という骨があって舟状骨、楔状骨、立方骨、中足骨あります。これらが正しい位置にあってはじめて正しい立ち方歩き方ができます。
しかし、立ち方、体重の乗せ方で正しい位置から関節がずれて崩れていきます。

 

■外反母趾の治療方法■


①痛みをとる

  外反母趾の治療は、痛みをなくしていくというのが基本的な方針です。
外反母趾の治療というと、足の体重の乗せ方、歩き方の癖を改善していかないといけませんがなにしろ痛みをとらないと始まりません。
外反母趾になると痛みがつらくて生活に支障が出てしまいます。
その痛みを取るためにまず、足の筋肉の緊張を取ります。

これは正直痛いです。
痛みを取るために、筋肉を引き剥がすように骨との間の癒着を剥がしてちゃんと筋肉が働ける状態を作ってあげるという施術を行います。
施術中は痛いけれど筋肉を緩めていくことで足の痛みはなくなります。
外反母趾の痛みが当院でとれなかったという事はほとんどないのでご安心ください。

足の裏は体重を乗せるところなので強い筋肉がたくさんついています。
体重を受け止めるクッションが無くなった足は、先にご紹介した足の3点アーチが潰れて平坦になっていて筋肉が緊張を起こして硬くなっています。

3点アーチがなくなると体重をダイレクトに骨と筋肉で受け止めるようになります。
骨で受け止めきれない体重は足の筋肉が固まって受け止めようとするので、筋肉を硬めて何とか受け止めようと頑張ってくれています。
その為、筋肉はどんどん硬くなりどんどん緊張していってしまうのです。

②3点アーチを復活させる

筋肉が柔らかく動かせるようになったらアーチを作っていきます。
アーチが作れるように構造的な骨の位置を調整していき正しい位置で歩けるようにしていきます。

 

■外反母趾は進行性■


外反母趾は進行性なので放っておくとどんどん悪化していきます。
何故進行性かというと歩き方立ち方で無意識に悪化するからです。
体重が斜めにかかる立ち方歩き方をやればやるほどどんどん変形が進んでいってアーチも崩れるし、それが癖になって痛いから痛みを避けるためにまた変な歩き方してっていう風に悪循環が起こってどんどん悪化していきます。
外反母趾だけでなくて内反小趾といって小指が変形していくような症状もあります。
巻き爪も体重の掛け方が問題です。
親指の爪などは特に変な圧の掛かり方するので巻き爪になってそれがまた食い込んで痛くなり、歩き方がおかしくなる悪循環に陥りやすいので注意が必要です。

いろんな繋がった症状を出しやすいのが足のトラブルの特徴なので足の痛みでお悩みの方特に意識して体重の乗り方を確認してみて下さい。

■まとめ■


今ご説明したようなメカニズムで外反母趾になっていきます。

歩いいて痛いとか靴履くと痛い

ヒールが履きたいけどつま先が当たっていたいから幅の広いスニーカーしかはけない
もっとおしゃれしたい
外反母趾変形してるけど痛みはない
変形はしてないけど外反母趾みたいな痛みがある
巻き爪が酷い
内反小趾かもしれない

そういうお悩みの方もしっかりと対応させていただきます。
診させて頂きましたら変形があっても靴の圧迫がある程度耐えられるぐらいの足の柔らかさが身に付いていきます。
足の構造の崩れ、アーチの崩れ、立ち方歩き方の癖というところから診ていけば、みなさん良くなっていくものなので、足の事で気になる方は良かったらいつでも相談して下さい。


 

外反がいはん【外反】とは。
意味や解説、類語。[名](スル)医学で、体の中心軸に対して外側に反っている状態。外側(そとがわ)にそりかえったり、でっぱたりすること;

解剖学的に身体の中心から外に向かう動作(腕をあげたり、足を広げる動作)をすべて【身体の外に向かう】と表現します。
外反母趾は足の内側に親指が曲がることを指しますが身体の中心から親指のことを考えると親指が外側を向いているということになります。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 外反母趾 | コメントする

骨盤を安定させるトレーニング?

  これまで、骨盤の重要性についてブログで紹介してきました。

身体にとって骨盤とは非常に重要な部分であり、様々な役割を持っています。

そのため骨盤が歪んでしまうと、身体に様々な不調が出てきます。

  骨盤がズレないように意識して活動していても、どこかで骨盤にズレが生じてしまうものです。出来る事なら、骨盤がズレない状態のまま生活したいですよね。

 

  そこで今回は呼吸を絡めたちょっとしたエクササイズを行うことで骨盤を安定させる方法をご紹介します。

 

  その前に、普段何気なく行っている呼吸と、人の活動との関係性についてご紹介します。

呼吸とは、ただ人間の身体の中に酸素を取り入れる行為ではありません。呼吸を行う事により様々ないい影響をもたらします。

呼吸には、胸式呼吸と腹式呼吸がありそれぞれに役割を持っています。また、実は呼吸と自律神経は深い関係があり、この呼吸法と密接に関係しています。

 

 

胸式呼吸と腹式呼吸
  人の呼吸の方法には、腹式(ふくしき)呼吸と胸式(きょうしき)呼吸があります。

  これらの呼吸法の大きな違いは、その名の通り、息を吸ったり吐いたりする際に、胸を使うかお腹を使うか、という違いになります。

また、ただ呼吸の方法が違うだけでなく、それぞれにメリットを持っています。

 

  胸式呼吸、つまり肺で呼吸をすることで、自律神経の交感神経に刺激が入ります。また、腹式呼吸、横隔膜で呼吸することで、副交感神経に刺激が入ります。

自律神経の交感神経と副交感神経のそれぞれの働きについては前回のブログでご紹介していますので、そちらも参考にしてみて下さい。

 

交感神経と副交感神経とは?

 

 

胸式呼吸

 

  胸式呼吸は自律神経の交感神経を結びつきがあります。胸式呼吸を行う事で、交感神経が優位になり、筋肉は緊張し、身体は動くために準備します。

  例えば部活動、職場での作業中は特に交感神経が優位に働いています。

  人が起きて普段生活している時はほとんどこの胸式呼吸で生活をしています。この胸式呼吸では腹式呼吸ほどたくさんの酸素を取り込むことが出来ないので、腹式呼吸に比べ浅く短い呼吸になります。

  運動している時など、早い呼吸を必要としている時は、早いリズムで何度も空気を取り込んでいます。

 

  また、過度の緊張などを感じると、余計に呼吸が浅くなり早い呼吸になります。

 

 

腹式呼吸
  腹式呼吸は胸式呼吸とは逆に、副交感神経と結びつきがあります。

  お腹、特に横隔膜を使って呼吸をするため、一度にたくさんの酸素を取り込むことが出来ます。一度にたくさんの空気を取り込むことが出来るので、呼吸のリズムは自然とゆっくりとなります。

  このおかげで身体はリラックスすることが出来ます。

  現代はストレス社会と呼ばれており、交感神経が異常に反応してしまう私たちにとって、この腹式呼吸は意識して行いたい呼吸法とも言えるでしょう。

 

 

  このように、2つの呼吸法を自律神経は密接に関係しています。

意識して状況によって使い分けることが出来るとそれが一番いいですよね。しかし、実は意識せずとも人間の身体は勝手に使い分けています。

 

  試しに立っている時、息を吸った際に膨らむ場所を確認してみて下さい。お腹よりも胸が大きく膨らむと思います。また、逆に寝ている時はお腹が膨らみ、腹式呼吸を行います。人間の身体は自然と切り替えを行っているのです。

 

 

骨盤を安定させるためにトレーニング

 

 

  今回、紹介するのは「ドローイン」というエクササイズです。

  なぜ、先に呼吸法の説明を行ったのかというと、このエクササイズは腹式呼吸で息を吐き切った状態で行うため、簡単に腹式呼吸が何かを理解しておいてほしかったのです。

  このエクササイズは、腕立て伏せや腹筋背筋のように身体を動かしながら行うトレーニングとは異なります。

 

  近年、ダイエットに効果的と言われており、少しずつ注目されている方法です。

この「ドローイン」というトレーニングはやり方を間違いやすいので、興味がある方は今回紹介するやり方とそのポイントを確認してから行うようにして下さい。

 

 

具体的なやり方
  まず、仰向けに寝ます。その時膝は軽く曲げ、楽な状態で腹式呼吸を行います。

  この時、手は楽な状態で横に沿えて下さい。寝ている時は自然と腹式呼吸になりますが、息を吸う際は鼻からゆっくりと吸い、吐く時は吸った時よりもゆっくりと時間をかけて吐き切ると、より効果が高まります。

 

1.まず、鼻から息を吸い、お腹を膨らませながら息を吸っていきます。

 

2.吸いきったら、今度は口からゆっくりと息を吐きお腹が凹むことを意識しながら全部吐き出します。

 

3.吐き切ったら、床と腰を引っ付けるイメージで、床と腰の隙間を埋めるイメージで下腹部に力を入れ、お腹を凹ませます。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

 

  この動作、10回を1セットとし、これを一日2~3セット行います。

 

  このエクササイズは強度よりも回数や期間が大事になってきます。

骨盤を支える腹部のインナーマッスルを鍛えることで、骨盤が安定に近づいていきます。

  また、インナーマッスルだけでなく、アウターマッスル(外側に付いており、私たちが腹筋と聞いて一番に思い浮かべる部分)のトレーニングにも効果的です。
  このドローインはいつでもどこでも場所を取らずに行うことが出来ます。

  今回は意識がしやすい寝た状態でやる方法をご紹介したのですが、座ったままや立ったままでも行う事は出来ます。どの体勢で行うにしても要領は同じです。しっかりとお腹が凹んでいるかがポイントです。

 

 

  今回は呼吸と自律神経の関係性、ドローインのやり方についてご紹介しました。

比較的簡単ですぐに行えるエクササイズとなっています。

  まだ、認知が進んでいませんが、骨盤の安定のほかにも、ウエストの引き締めにも効果的です。

  骨盤を支える筋力が強くなれば、その分骨盤もずれにくくなります。

  痩せたい方、骨盤の歪みや痛みに困っている方は是非行ってみて下さい。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: 骨盤美容 | コメントする

骨盤の痛みの原因!内臓が関係?

 

  前回、骨盤の歪みが引き起こす痛みについてご紹介しました。実は痛みの原因は骨盤の歪みだけではありません。

  内臓の異常や、性病、出産の痛みなど様々な原因が考えられます。今回は、そういった骨盤の歪み以外の原因に着目し、ご紹介します。

 

 

 

 

1.考えられる原因は?

 

 考えられる主な原因として

 

・骨盤の歪み

・骨盤周辺の部位の損傷

・骨盤周辺の臓器の異常

 

等が考えられます。また、女性の場合出産により大きく開いた骨盤が閉じ切らずに安定せず痛みを生じる事があります。

 

  骨盤の歪みが引き起こす痛みについては前回のブログでご紹介しておりますので、チェックしてみて下さい。

骨盤が痛いのは歪んでいるから?

 

 

2.骨盤周辺の部位の損傷

 

 骨盤そのものには原因が無く、骨盤周辺の部位の損傷によって痛みが生じる事があります。特にお尻(尾てい骨周辺)や、太ももの付け根、恥骨周辺に痛みを訴える方が多いようです。

 

 

2-1.お尻(尾てい骨周辺)

 

  この部分に痛みが出る方は主に一日中デスクワークであったり、立ち仕事であるケースが多いです。この時、一日中同じ場所に負担が掛かっているため、その一部に炎症がおき、痛みが生じます。

  特に仙骨(骨盤の中心の骨)は身体の重力の中心であるため負荷が集まりやすく、この仙骨がバランスを崩すと身体の軸ごとずれてしまいます。

また、一日中同じ体勢を続けると楽な体勢になろうとします。つまり、背骨が曲がり、骨盤は後傾します。

  しかし、楽だからといって骨盤を後傾させたままの姿勢を続けていると、仙腸関節はどんどん歪んでいきます。

%e5%b0%be%e9%aa%a8

 

 

2-2.恥骨周辺

 

  恥骨は骨盤の下の方に位置しています。この痛みも尾てい骨の痛みと同様に、長時間のデスクワークや立ち仕事が大きな負担になっています。

  こういった恥骨や尾てい骨への負担を減らすためには、1時間に一回ほど立って、軽いストレッチをすることが望ましいです。また、恥骨炎といって、恥骨周辺の炎症により痛みがでることもあります。例えば、恥骨を押した時に痛みが出ます。

 

  その他にも恥骨は転倒によって骨折が起こりやすい部分です。自分で判断することは困難ですので、レントゲン等で早めの検査を行う事が大事です。

%e6%81%a5%e9%aa%a8

 

 

2-3.太ももの付け根

 

  この太もも付け根の股関節周辺も痛みが出やすい場所です。特に骨盤が左右に歪んでいると、左右の足の長さに差が出てきてしまいます。

その結果、左右非対称な歩き方や座り方になってしまい、太もも周辺の股関節に負担が掛かってしまうというわけです。

  また、梨状筋や大腿筋膜張筋などの太もも周辺の筋肉の疲労よってそれらの筋肉が硬くなると、骨盤に余計な負荷がかかり痛みが生じる事があります。

  特に太ももを酷使するスポーツをしている場合は注意が必要です。

%e5%a4%aa%e3%82%82%e3%82%82%e3%81%ae%e4%bb%98%e3%81%91%e6%a0%b9

 

 

3.内臓疾患の場合

 

 実際は内臓疾患により直接、骨盤が痛むわけではありませんが、骨盤周辺、特に下腹部に痛みを生じます。

 

 

3-1.虫垂炎

 

  虫垂炎、いわゆる盲腸は、右の下腹部に痛みを伴います。細菌感染で炎症が起きている状態であり、診断が難しい疾患でもあります。

  症状が似ているため、胃腸炎と勘違いすることが多い疾患ですが、症状としては虫垂炎の場合、痛みが徐々に右下腹部に移動していきます。

  吐き気や嘔吐、食欲不振が顕著に現れますので、右下腹部とこういった不調が続けば愛はすみやかに診察を受けましょう。

 

 

3-2.胃腸炎

 

  その名の通り、胃腸が炎症を起こしている状態です。ウイルスや細菌が原因で、胃腸が荒れてしまう事が原因ですが、胃腸炎によって腰痛や股関節痛が引き起こされる場合があります。

  胃腸の調子が悪くなると、自然と胃腸周辺の筋肉が緊張状態になり、負担が掛かってしまいます。これにより、腹痛だけでなく腰痛や、股関節回りまで痛みが出てしまうのです。

  胃腸炎になってしまった場合にはしっかりとした体調管理が必要になってきます。特に水分補給です。嘔吐や食欲不振により、身体は脱水状態に近く、水分が体外に出続けると、脱水症状まで引き起こします。

  定期的な水分補給、そして食事は消化に良い物をとり、胃腸を休ませてあげる事が大切です。

 

 

3-3.膀胱、尿管、腎臓の異常

 

  膀胱炎というのは、私たちが考えているよりも身近な病気であり、女性が一生に一回は経験すると言われています。そのほとんどは抗生物質の服用で治ります。症状としては、排尿後の痛みや頻尿が考えられます。

  膀胱は、骨盤の近くにあるため膀胱が収縮し、粘膜を刺激してしまい、恥骨やその周辺に痛みを感じる事もあります。

 

  尿道が痛んでいる場合、膀胱炎とは少し異なります。膀胱炎は排尿後の痛みに対し、尿道炎は排尿時に痛みを伴います。また、膿が出てくることも考えられます。

 

%e5%86%85%e8%87%93%e7%96%be%e6%82%a3

 

女性は出産による影響も

 

  女性は出産時にリラキシンホルモンという骨盤周辺の靭帯や筋肉を緩めるホルモンが分泌され、骨盤が開きやすくなります。これはスムーズに出産するために必要な現象であり、出産後は徐々に開いていた骨盤は閉じ始めます。

  しかし、この過程でうまく骨盤が閉じ切らずに開いたままで安定してしまうと痛みが出てしまう事があります。

 

4.こわばった筋肉をほぐす

 

  骨盤の痛みに共通しているのは、骨盤周辺の筋肉が固まってしまう事で周りの関節や靭帯に負担をかけている、という点です。

  骨盤の痛みを防ぐためには、日ごろから、股関節周りの筋肉を柔軟にしておくこと、また、こわばってしまった筋肉をほぐしてあげることが大事です。

  普通に生活していてもどこかでずれが生じ、筋肉は凝ってしまいます。気づいた時でいいので、凝っている部分をマッサージやストレッチでほぐしてあげるといいですね。

 

 

5.まとめ

 

  骨盤の痛みと言っても骨盤自体の痛みや、その周辺の痛みなど様々です。

  ただの骨盤の痛みだと軽く見ていると、骨盤骨折などといった重大な怪我に繋がってしまう可能性があります。また、内臓に異常がある場合、すみやかに医師の診断を受ける必要があります。自分では判断することが難しい症状ですので、日頃から自分の身体の変化をチェックしておきましょう。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 腰痛, 骨盤美容 | コメントする