スポーツ障害

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

お子様に多いスポーツ障害の3種類


近年、スポーツ系の習い事で1番人気は男女ともスイミング。

男の子に限って言えば、サッカーが2番目に人気です。一昔前は野球をする男の子の姿をあちらこちらで見かけたものですが、時代は変わったということでしょうか。

サッカーをしているお子様をお持ちのお母さまで、ご相談が多いのが「スポーツ障害」についてです。

走ると膝や膝の下が痛い・・・

朝起きた時に足裏が痛むので、スポーツをするのに不安がある・・・

試合が近いのに痛みがあるのは困る・・・

お子様が痛がっている姿を見るのは、親御さんとしては胸を引き裂かれる思いですよね。何とかしてあげたい、と思う気持ち、よく分かります。

今回はスポーツ障害についてとその対処方法のお話です。子供に多いスポーツ障害の3種類の症状をまとめています。もしかしたらお子様はこのどれかに当てはまるかも知れません。早いうちに判断することで、対処方法も分かりやすく改善への近道になりますね。

「子どもが痛みがあると言っているけど、練習は休みたくない・・・」とお悩みの方はぜひご覧ください。

 


スポーツ障害の種類

一言でスポーツ障害と言っても種類があります。その中で、走る量の多いスポーツをしている人に多いものとして

【オスグッド】

【シンスプリント】

【足底筋膜炎】

が挙げられます。
ひとつずつ見ていきましょう。

 

【オスグッド】

正式名称は「オスグッドシュラッター病」と言います。学童期から思春期に起こるスポーツ障害では、もっともメジャーではないでしょうか。

症状は・・

・ジャンプ、ダッシュで膝下が痛む

・膝下の骨が飛び出ていて、正座をすると痛む

・自転車をこぐと痛む

このように、膝を使う動作の時に痛みが出てしまいます。

病院では「成長痛」と言われ、「そのうち治まりますよ」と痛みをごまかしながら、だましだまし練習をしている人も多くいます。
しかし、オスグッドは単なる成長痛ではありません。成長期にスポーツをしていて、全員がオスグッドになるかというとそうではないからです。

そもそもオスグッドの痛みはどうして起こるのでしょうか?

大腿四頭筋=下肢の筋肉のうち、大腿骨に繋がる筋肉である大腿筋のうち、大腿骨を挟み四方に存在する筋肉の総称

大腿四頭筋=下肢の筋肉のうち、大腿骨に繋がる筋肉である大腿筋のうち、大腿骨を挟み四方に存在する筋肉の総称

鍵は太ももの筋肉である「大腿四頭筋」です。大腿四頭筋は、太ももから膝のお皿をまたいで脛骨という膝下の大きな骨にくっついています。その大腿四頭筋が柔らかく伸びれば良いのですが、硬いとどうなるでしょう、想像してみてください。

硬くて伸びにくい大腿四頭筋が脛骨にくっついていると、走ったり跳んだりするたびに脛骨の筋肉の付着部分(脛骨粗面・けいこつそめん)に強い負荷がかかります。

何度も何度も強い負荷がかかると、脛骨粗面は少しずつ盛り上がり、場合によっては剥離してしまうことすらあります。

伸びの悪いゴムをテープで止めて引っ張ると、ベリッと剥がれてしまいますよね。それと同じことが起こるのです。

大腿四頭筋が固くなってしまう原因はさまざまで、よく言われるのが「オーバーユース」、いわゆる使いすぎです。
けれど、それだけではありません。同じ部活動やクラブで同じように練習メニューをこなしている人全員がオスグッドになるわけではないからです。

・ケア不足

・精神的プレッシャー

・姿勢の悪さ

これらの要因も、オスグッドにつながってしまいます。お子様を見て思い当たる点はないでしょうか。

 

【シンスプリント】

正式名称は「脛骨過労性骨膜炎」といいます。
簡単に言うと、脛骨の骨膜が疲れすぎて炎症を起こしている状態です。オスグッドに似ていますが、起こりやすい年齢は思春期以降という違いがあります。

シンスプリントが起こるのには、膝下にある筋肉のヒラメ筋や腓腹筋が関係しています。ヒラメ筋や腓腹筋が、硬くなり伸縮性がなくなっていると、脛骨にくっついている部分の骨膜に負担がかかって炎症が起こります。

症状は痛みが主です。

・運動開始直後は痛みが出るが、しばらくすると軽くなる

・すねを押すと痛みがある

・体重をかけると痛む

というように、すねの下側あたりが痛むのが特徴です。

シンスプリントもオスグッドと同じように、練習のし過ぎが原因として言われますが、筋肉が硬くなる要因はそれだけではありません。

・足首の柔軟性の低下や、扁平足

・回内足や回外足(踵の骨が内側や外側に倒れている状態)

・固い地面での練習

・足に合っていないシューズ

・運動環境の大きな変化(それまでと違う練習場や練習内容)

一言で筋肉の硬さといっても、要因は多岐にわたります。身体のことだけでなく、練習の環境も影響があるというのはビックリするかも知れませんね。

 

【足底筋膜炎】

あまり聞き覚えがないと思う人も多いでしょう。
足底筋膜とは、足の裏のアーチを弓の弦のようにピンと張っている膜のことで、そこに炎症が起こってしまうのが足底筋膜炎です。

膜とは言っても薄く丈夫な腱で出来ているので、通常の運動くらいで痛むことはあまりありません。サッカーのような激しいスポーツをしていると発症することが多く、実際プロスポーツ選手でも足底筋膜炎に悩む人は多くいます。

症状は・・・

・朝起きて足を床についた一歩目が痛み、歩くのが億劫になる

・運動開始直後、かかとを地面に着いたときに痛みを感じる

・時間に関係なく、足裏が痛むようになりサッカーをするのに支障がある

というように、足裏に痛みがある場合は足底筋膜炎を疑ってみてください。

足の裏のアーチと足底筋膜は、運動時に足が受ける衝撃を和らげるクッションの役目をしています。
実は運動時の足裏の衝撃は、考えているよりずっと大きく、ダッシュで体重の約3倍、ジャンプだと約6倍あると言われています。歩いている時でも約1.2倍です。
つまり、体重60kgの人が走った時に足の裏にかかる衝撃の重さはなんと180kg!
ジャンプすると360kgにもなるのです。サッカーのように走る・跳ぶ動作の多いスポーツの足への負担は相当なものなのですね。

その衝撃を和らげるために足の裏のアーチがあります。一番有名なのが土踏まず(内側アーチ)ですね。
他にも足裏の外側にあるアーチと、足の親指から小指までのアーチ(前側アーチ)の三つがあり、それぞれがバランスをとって衝撃を分散させています。土踏まずは人間にしかありません。人間と同じ二足歩行をする猿にもないのです。
衝撃を和らげるために、人間の足が大きく進化した部分だと言えます。

ところが、扁平足だとどうでしょうか。足底筋膜炎を起こす人は扁平足の場合が多く、衝撃が上手く分散されなくなります。
その結果、足底筋膜に大きな負担がかかって炎症を起こしてしまうのです。

扁平足は、上のシンスプリントでも出てきましたね。お子様の足をよく観察してみてください。

 


スポーツ障害への対処

オスグッド、シンスプリント、足底筋膜炎の三つの症状を見てきました。
痛みがあるので、そのまま練習に参加するのは不安があるでしょう。かと言って練習を休むと、ポジションや周囲との差が出てしまうのではないかという別の不安が出て来てしまうのではないでしょうか。

痛みが出始めて時間が経っていない場合は、テーピングで固定するのは効果的です。

【オスグッドの場合】

① 痛みが出ない角度まで膝を曲げ、膝下のすねから太ももまで斜めにテーピングします。  この時、膝のお皿にテープがかからないよう貼ります。

② 反対側も同様にテーピングし、「X」字になるようにします。

③ 膝のお皿の下に真横に貼り、痛みが出ない程度に押し付けます。

 

【シンスプリントの場合】

① 足裏にテーピングの端を貼り、すねの骨の内側を通るように  膝下まで引っ張るように貼ります。

② もう一枚を、最初のテーピングに1/2~1/3くらい重なるように貼ります。

 

【足底筋膜炎の場合】

① 足の甲の親指側が貼りはじめです。小指側に引っ張り、足裏へ回します。

② 足裏の親指側まで回したら、もう一度足の甲へ持っていき小指側に引っ張って貼ります。

③ 足裏へ回して、かかとの内側(内くるぶし側)へ斜めに引っ張って貼ります。

④ そのまま踵の外側へぐるっと回し、足の裏を通って親指側へ引っ張りながら貼ります。

⑤ 1~5をもう一度繰り返します。 6.足の甲を横に1周させます。 7.足の裏がかくれるように2、3周させて完成です。

 


まとめ

今回お話したテーピングをすることで痛みを押さえながら練習することはできます。とは言え、根本的な治療法ではありません。筋肉が硬くなる、扁平足になるというのには、元をたどれば姿勢の歪みにつながります。

愛YOUカイロプラクティック院ではスポーツ障害に対して、根本的に解決するように一人一人の身体に合った施術を行なっています。症状は同じでも、その身体の原因は人それぞれだからです。

当院では施術だけではなくテーピングの方法もお教えできますので、まだ痛みが軽いうちにぜひご相談ください。

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: エクササイズ, カイロプラクティック, スポーツ障害, セルフケア, ブログ, 足のトラブル, 足底腱膜炎 | コメントする

坐骨神経痛のしびれが座ったままで軽減するたった2分のストレッチ

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

坐骨神経痛のしびれを2分で改善できる
~ストレッチと座り方~


座っていると脚のしびれが強くなり、会議に集中できない

車を運転していると脚がだんだんしびれてきて辛い

電車移動が多いので、脚のしびれを改善したい

坐骨神経痛のこのようなお悩みはありませんか?

今回は、坐骨神経痛のしびれを和らげたいあなたに、座ったままできるストレッチや負担の少ない座り方のお話です。
しびれで集中力が低下してパフォーマンスが落ちるお悩みの方は、こちらのストレッチ方法を試してみてください。

しびれが軽くなれば集中力もアップしますし、今回の方法は費用がかからない経済的なストレッチです♪

 


座り姿勢は立っている姿勢より負担大!

坐骨神経痛はお尻や太ももの裏側に痛みが生じる症状の名前です。
これ自体は病気ではなく、坐骨神経そのものが悪いために症状が出ているわけではないのです。

 

症状の中で訴え多いものが「下肢のしびれ」です。

 

特に座っている状態が長いと太もものしびれがキツくなる傾向があります。下肢のしびれだから座っておいた方が楽だろう。座った方が脚や腰が休まるんではないか。と思いがちですが、実は、座っていて楽なのは足首や足の裏だけなんです。座り姿勢は立ち姿勢より40%近く身体に負荷がかかっているという驚きの事実があります。

生活する上で長く座るという動作は意外にも多くあります。
座っている状態でしびれが強いと、日常生活上でも困る場面が多いのではないでしょうか。脚のしびれという症状は、一度気になり始めると居てもたっても居られなくなるほどで、集中力を奪ってしまいますよね。太ももをさすってみたり、脚をブラブラさせてみるもののあまり変わらない・・・

 運転中・電車やバスでの移動中、腰がビリビリする

 会議中、集中できない

 映画や舞台鑑賞など、ずっとは座っていられない

大事な会議中や運転中で集中力を欠くのはもちろんのこと、しびれのせいで楽しみにしていた映画や舞台などが楽しめないということもあるでしょう。それもそのはずで、実は立ち姿勢と座り姿勢、身体にとって負担になるのは座り姿勢だからです。

 

座っているしびれ強くはなるけれど、立ったり歩いたりだったら平気

 

という場合はまだ坐骨神経痛も軽い場合が多いため、ストレッチで症状が和らげることが出来ます。

 


椅子に座ったままの坐骨神経痛ストレッチ

座ってできるストレッチのメリットは、とにかく簡単で椅子があればどこででもできることです。に尽きると思います。
例えば長時間のデスクワークでしびれが出たとき、ちょっと休憩ついでにストレッチしてその後の効率が上がれば、費用もかからず経済的ですよね。

 

【お尻のストレッチ】

① しっかりと足の裏がつく椅子に座ります。

② 片方の足にあぐらをかくように曲げて、足首を反対側の太ももに乗せます。
※このとき、姿勢に気をつけましょう。猫背だと効果は半減します。

③ 曲げた方の脚の脛に胸が付くように、股関節から身体を倒します。

④ 曲げた方のお尻が伸びているのを感じたところで止め、そのまま20~30秒保ちます。

 

【裏太もものストレッチ】

① 両足を床につき、浅めに椅子に座ります。

② 片方の脚の膝を伸ばし、前方に置きます。
※このとき、姿勢に気をつけましょう。猫背だと効果は半減します。

③ 伸ばした方の脚に両手を置いて、その手をスライドさせながら股関節から身体を倒します。

④ 伸ばした側の裏太ももが伸びているのを感じたところで止め、そのまま20~30秒保ちます。

 

・ストレッチ中に呼吸を止めてはいけません。
・深呼吸をしながら行いましょう。
・どちらのストレッチも、股関節周りの坐骨神経に
 関係する筋肉を柔らかくするストレッチです。
・また、痛すぎるまで伸ばしてもいけません。
・気持ちが良いところで止めてください。
・このストレッチを行なってしびれがひどくなったり、
 痛みが出る場合は中止してください。

 


ストレッチ以外にもできることは?

座っている状態でしびれが強くなってしまう症状は、そもそも座り方が悪いため起こっている可能性もあります。悪い姿勢の人を見ていると、いくつか良くない共通点があります。

【背中が丸くなり、骨盤が後ろに倒れている】

骨盤が倒れると、腰やお尻の神経が圧迫されやすくなり、
坐骨神経痛の症状が出てしまいます。

 

【膝を伸ばしている】

伸ばす座り方、いわゆる「長座」は、
膝が曲げにくい年配の方に好まれますが、股関節に負担がかかり
腰痛の原因になってしまいます。腰の負担を減らすことは、
坐骨神経痛予防にもつながります。

床に座るよりは、椅子に座る方が負担をかけずにオススメです。

 


正しい椅子への座り方

👍 座面に深く腰を掛けること

👍 背もたれに軽く身体をあずけて、少し後ろに傾いた姿勢であること

👍 頭が前に出たり、顎が上がっていたり、顔が下向きにならないこと

👍 足の裏は床に付けること

座面に深く座り、背もたれにもたれる座り方が正しいとは意外に思うかも知れませんね!イメージすると、ちょっと偉そうな座り方を想像するのではありませんか?
デスクワークをしている大半の人は、座面に浅く座り、背もたれは使わずやや前傾姿勢になっていることが多いでしょう。

その姿勢がいずれ猫背を招きます。もうすでに猫背になってしまっている人もいるはず。猫背姿勢は肩こりの原因として知られていますが、実は腰痛、坐骨神経痛にもなってしまいます。座面に深く座ることで、骨盤が後ろに倒れるのを防ぎ安定します。

高さ調節の出来る椅子であれば良いのですが、そうでなければひと工夫が必要ですね。
座面が広く、深く腰を掛けると膝が曲げられない場合は、座布団などで調節しましょう。また、足が浮いて床につかない場合は、フットレストを使用しましょう。

 


まとめ

いかがでしたか?
今回のストレッチや座り方のお話は、どこででもできる手軽な方法です。
病院や治療院へ行くほどでもないけど、しびれは気になる・・・という方はぜひお試しください。

坐骨神経痛の辛い痛みから解放されたらもっと明るく楽しく毎日が過ごせるはずです。
今回のポイントを押さえて、集中力アップの環境づくりを行ってみてくださいね^^

 

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: エクササイズ, カイロプラクティック, セルフケア, ブログ, 坐骨神経痛, 手足のしびれ, 腰痛 | コメントする

腰痛持ちでもパソコン仕事が楽になるたった3つの座り方のポイント

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

 

座り方に気を付けた方が良いとは思っているがどう気を付ければいいかわからない・・

 

からまで座りっぱなしでパソコン仕事をしているあなた

 

(あぁ、今日も腰痛を我慢しながら仕事をしないといけないのか・・・)
と憂うつになっていませんか?座りっぱなしというのは、身体にとってはとても辛いものですが、慢性腰痛持ちには本当にたまったもんじゃありませんよね。数時間仕事を頑張って、ちょっと一息、と立ち上がろうとした瞬間に「ギクッ」そんな経験は、腰痛持ちのデスクワーカーさんなら誰しも経験があるのではないでしょうか?

 

でも、そんな苦痛とは今日さよなら!

 

これからお伝えするたった3つの「座り方」に気を付けるだけ、明日からあなたの腰痛が嘘のように楽になります。座り方にも色々なポイントがあって、特に大事なところをトップレベルの整体師が解剖学をもとに解説します。身体の仕組みに則った方法なので簡単で確実に効果を実感できます。是非、腰痛持ちのデスクワーカーさんは読んでみてください!

 


そもそも座ることが身体に悪い!?

そもそもの話ですが、座るということ自体が身体にとっては「苦痛」です。
というのも、人体は2本脚で直立するように進化してきたので、何時間も座りっぱなしでいるのは「想定外」なんです。

ご存知でしょうか?
15分間座りっぱなしでいると、体中の毛細血管が切れていくということを・・・。

座って仕事をしている間に「ぶちぶち~」と血管が切れているなんて、考えたくはないですよね。でも、実際に、あなたの身体では毎日それが起こっているんです。

15分で血管が切れてしまうんですから、毎日何時間も座って仕事をしているあなたの身体は、もっとずっとボロボロかも知れません。でも、座らないわけにはいかないし、仕事を辞めるわけにもいかない。

せめて、座り方を変えることで、少しでも腰痛が軽くなるなら、やってみたいと思いませんか?

 


座り方で大事な3ポイント

座り方にもいろいろあります。
例えば、椅子に座っているのか、座椅子なのか、座布団なのか、ソファーなのか、畳なのか・・・。どこに座っているのかでも変わりますし、座ってなにをしているのかでも気を付けるポイントは違ってきます。

なかでも、今回はデスクワークで一番多い「キャスター付きの椅子に座ってパソコンを使っている」場面で気を付けて欲しい3つのポイントを解説していきますね。

 

ポイント1:キャスターは固定!

わざわざキャスター付きと書いたのでお察しの通りだと思います。キャスター付きの椅子は、腰にとても負担をかけます。何故かというと、キャスターが付いていると椅子が簡単に動いてしまうので、体重の掛け方が制限されてしまうからです。

キャスターが転がらないように、無意識に腰や足、背中に力が入ってしまいます。キャスターをロックできる椅子であれば、位置を合わせたら固定してしまい、仕事に集中したほうが腰の負担が減ります。

もし、キャスター付きだけどロックができないということであれば、足の裏をしっかりと床に着地させることを意識してみましょう。足の裏が地面に着いていると脳が安心するので、体の緊張が緩みやすくなりますよ。

 

ポイント2:目線とパソコンの高さを合わせる

パソコン作業をしていると、うつむき気味になったり、ついつい画面に顔を近づけたりしてしまいがちですが、これはパソコンの画面と目線の高さが合っていないとより起こりやすくなります。合わせるのは、パソコンの画面の上端と目線が水平になる位置です。

パソコンの高さを変えるのはなかなかできないと思うので、椅子の高さを変えてみて、自分の座高とパソコンとの丁度いい位置を探してみてください。

椅子に高さ調整機能が無ければ、お尻の下にクッションを敷くといいですね。ノートパソコンであれば画面の角度を変えられると思うので、そこで調整してあげるのもアリです。

 

ポイント3:パソコンと身体の距離は肘で合わせる!

パソコンを使う仕事で姿勢が悪くなってしまうのは仕方がない。そう思っていませんか?

実は、パソコン作業をしていて猫背になってしまうのは、パソコンが遠すぎるからなんです。人が手を使ってなにかをする時に、もっとも身体に負担が少ないのは腕を伸ばさずに届く距離です。ここから離れれば離れるほど、腕を伸ばすために背中を丸めなくてはいけなくなり、猫背になってしまうのです。

合わせ方は簡単です。
・まず、腕の力を抜いてだらんと垂らします。
・次に、肘を直角になる位置まで曲げます。
この時に肘は身体のすぐ横にあるか注意してください。そして、両手の位置にキーボードを持ってくれば、猫背にならずにタイピングが出来てしまうのです。マウスも、すぐ横なら腕を伸ばさずに動かすことができますね。

 


頭からお尻までがまっすぐに

いい姿勢というのは、単に見た目だけの問題ではなく、身体に負担が少なく、そして効率的に作業するために大切なことです。横から座り姿勢を見た時に、頭からお尻までがまっすぐのラインにあればばっちりです。

いい姿勢であれば、頭からの重さが背骨を伝って椅子に逃げるので、腰に掛かる負担が最低限で済みます。仕事を何時間も頑張っていざ立とうとして「腰が伸びない~」なんてことがなくなりますよ。

しかも、作業効率もUPするので、仕事も捗って一石二鳥ですね。

 


まとめ

毎日、何時間もパソコンに向かって座りっぱなしのデスクワーカーさんは、実は力仕事をしている人たちよりも腰を傷めてしまいがちです。

それは、座って仕事をすること自体が身体には負担だからなのですが、たった3つのポイントを気を付けるだけで、嘘のように腰の負担が減って腰が軽くなります。そのためには、パソコン作業中の姿勢を変えなければなりません。

でも、集中している仕事中に、姿勢をよくしようと気を付けるのは難しいですよね。
今回お伝えした3つのポイントだけ気を付けてしまえば、後はガッチリ仕事に集中!

身体の構造に基づいたやり方なので、誰でもすぐに実践できる上に、続けるのが苦になりません。毎日のデスクワークで腰痛に悩まされているあなた!
明日から、休憩で立ち上がる時にすっと腰が伸びる幸せを感じてみてくださいね。

 

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: お客さんから質問, お客さんの声, ぎっくり腰, エクササイズ, カイロプラクティック, セルフケア, ブログ, 椎間板ヘルニア, 猫背, 生理痛, 産後骨盤調整, 腰痛 | コメントする

子宮筋腫になった時に整体でできること|松山の整体

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

子宮筋腫


子宮筋腫が整体で良くなるの?

子宮筋腫という病名は、女性だけでなく男性にも広く知られている病気ですね。
子宮という、女性特有の身体の器官に起こる疾患です。

その子宮筋腫と整体、あまり関係がないように思うかも知れません。
整体は、骨や筋肉へアプローチするイメージが大きいのではないでしょうか。

今回は、子宮と整体についての知られざる関係をお話していきます。
子宮筋腫が整体でどうなるのか、目から鱗のお話です。

 


子宮筋腫とは

その名の通り、子宮の筋肉に発生する良性の腫瘍です。
大きさや場所により、種類があります。

 

子宮筋腫の種類 

 

子宮筋腫の症状

筋腫の出来た場所によっては全く症状が無く、気付かないために検診などで指摘されて初めて知ったという場合も多いです。

症状がある場合の代表的なものは、月経量の多さと月経痛です。
それ以外では性交時の出血、腰痛、頻尿などがあります。

子宮筋腫は女性ホルモンによって大きくなります。
そのため、閉経後は小さくなるので、積極的な治療をせずに経過観察で様子を見る方法もあります。

しかし、多くの女性は筋腫があるとどうにかしたいと思いますよね。

子宮筋腫ができる年齢は、30代~40代。
これから妊娠・出産を迎える時期の女性も多くいます。筋腫が不妊症や流・早産の原因になるかも、と言われてしまうとなおさらでしょう。

 


そもそも子宮筋腫ができるのはなぜ?

筋腫は女性ホルモンで大きくなる、というのは先にお話したのですが、かと言って、女性全員に子宮筋腫ができるわけではありませんよね。子宮筋腫ができてしまう女性とできない女性では、何が違うか?そのお話をしていきます。

 

子宮の筋肉のコリ=子宮筋腫

子宮は、筋肉で出来ていますが腕や脚と違い自分の意志で動かすことはできませんね。自分では動かせない子宮は、どうやって動いているのでしょう?

 

答え自律神経です。

 

自律神経のうちの、交感神経と副交感神経がバランスを取りながら子宮を動かしているのです。

・交感神経=主に、昼間の起きているときや活動時に優位になる神経 ・副交感神経=主に、夜など安静にしているときに優位になる神経

自律神経のしくみ

子宮は交感神経が優位になると、活発に動く臓器です。以前は、副交感神経支配であると考えられていましたが、近年では交感神経支配であるという考えが主流になっています。月経時の経血が外に出るのも、起きて活動している時ですよね。

近頃は夜用ナプキンのCMが盛んなように、睡眠中、副交感神経が優位になっているはずのときにも経血量が多い女性が増えています。これは、実は自律神経の乱れによるものです。このように、月経一つ見てみても、現代女性が自律神経の乱れを抱えている人が多いことが分かります。

特に現代人の自律神経の乱れは、交感神経が優位になりっぱなし、つまり、身体が常にマラソン状態。ちっとも身体が休まっていないのです。

交感神経が優位で働きっぱなしのままだと、筋肉もずっと緊張したままです。

肩こりが肩の筋肉の緊張によるものと同じように、子宮の筋肉も緊張が続い凝り固まってしまう、つまり子宮筋腫ができてしまうと考えられるのです。

 

骨盤の中にゆとりがなければ筋腫が育つ

子宮は、骨盤の中に納まり、支えられ守られている臓器です。身体の中のスペースには限りがあります。限りあるスペースの中で、バランスよく臓器が納まっておらず、身体の歪みや骨盤のズレなどにより押し合いへし合いになるとどうなるでしょうか。

満員電車を想像してみてください。乗客同士がギュウギュウ詰めで、あなたは身動きが取れません。その時、倒れないようにとするあまり、身体のあちこちに必要以上の力が入って筋肉は緊張した状態になっているでしょう。

それと同じことが、身体の中でも起こるのです。子宮筋腫がある状態で、歪みなどから子宮が他の臓器に圧迫されてしまうと、子宮筋の緊張を招き筋腫の成長につながります。

このように、子宮筋腫は単なるホルモンでの病気ではなく、自律神経や身体の歪みが大きく関係していることが分かります。

 


子宮筋腫の治療法は?

とは言え、月経量が多いな、不正出血があるな、これは子宮筋腫だな、じゃあ整体へ行こう!と考える人は正直なところいないと思います。

もしも何かしらの婦人科的な症状があるのならば、やはり最初は病院へ行くのが良いでしょう。月経量が多い、不正出血があるというのは、子宮筋腫に限った症状ではないからです。

病院では内診や超音波検査(エコー)で、比較的簡単に子宮筋腫の有無は分かります。
その上で、子宮筋腫と診断されるとどのような治療が行われるでしょう。

病院での治療方法

年齢、症状、本人の希望により決められます。

子宮筋腫は、いずれ閉経の時期が来れば、小さくなり悪さをしない良性腫瘍です。
そのため、ライフスタイルに合わせ経過観察とする場合も多いでしょう。

ただ、一度できてしまった腫瘍を完全に無くすには手術しかないのも事実です。
妊娠前の女性ならばなおさらのこと、どうすれば良いか悩みも多くなると思います。

 


愛YOUカイロプラクティック院ができること

もしも、一大決心をして手術で筋腫を取り除いたとしても、根本的な筋腫ができてしまう身体の原因が残っていればまたできる可能性があります。

愛YOUカイロプラクティック院では、身体の歪みや骨盤の調整だけにはとどまらず、自律神経の調整もできる整体院として多くの支持を得ております。

これまでも、肩こりや腰痛、頭痛などで来院された方が実は子宮筋腫を持っていて、肩や腰や自律神経の調整をしていくうちに、筋腫が小さくなっていた、検査で何も言われなくなった、症状が落ち着いた、ということがありました。

当院の考える子宮筋腫の治療は、筋腫を取り除くのではなく、今以上に大きくならないように、不快な症状を抑えて快適な日常生活が送れるように、ということを目的としています。

女性特有の悩みで相談しにくい・・・という心配は要りません。女性スタッフもおりますので、ご安心ください。お困りのことを聞かせください。お力になれたらと思っています

ぜひ一度、ご来院ください。

 

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: カイロプラクティック, ブログ, 不妊, 内蔵トラブル, 生理痛, 疲労回復, 肩こり, 身体の歪み, 骨盤美容 | コメントする

逆子がわかったら原因を知って正しく対処すれば大丈夫|松山の整体

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

逆子


逆子ってどうしてなるの? 

~赤ちゃんが頭を下にしやすいお腹づくり~

現在妊娠中のプレママさん、心からおめでとうございます。赤ちゃんの誕生が待ち遠しいですね!

妊娠中は、今までと自分の身体が変わったり、赤ちゃんの様子が気になったりと、妊娠前よりもちょっとナイーブになってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。妊娠後期(28週以降)になると、赤ちゃんの性別も分かっていることも多く、準備も最終段階に入りますね。

そして、この時期のお母さんの最大の関心は「赤ちゃんの頭の位置」、すなわち「逆子になっていないかな?」ということではないかと思います。

今回は逆子にまつわるお話です。

 


逆子ってどういう状態?

お腹の中の赤ちゃんは、妊娠中期(16週~27週)くらいまでは羊水の中をクルクルと回っていて、まだ頭の位置は定まっていません。これが妊娠後期に入ると、重力に従って頭を下にした状態で固定されます。これを頭位(とうい)と言います。

逆子はその反対で、赤ちゃんが頭を上にした状態となり、医学的には骨盤位(こつばんい)と言います。妊娠中期には半数近くが逆子だった赤ちゃんも、妊娠30週頃には約15%程です。

そして最終的に、逆子のままで出産に至る人は全体の3~4%程度です。

ほとんどの場合は、途中で逆子になっていても、いずれ自然に頭は下になるというわけです。けれど、妊婦健診等で「赤ちゃん逆子ですね~」と言われると、お母さんとしては不安になってしまいますよね。

特に初めての妊娠の場合は、その不安も倍増してしまうのではないかと思います。赤ちゃんが逆子のままで出産すると、どういうリスクがあるのでしょうか。そもそも、逆子ってどうしてなるのでしょうか。

 


逆子のまま普通分娩をすると・・・

赤ちゃんが逆子と聞くと、恐らく帝王切開での出産になるイメージを持つ人が多いでしょう。現在は逆子だと普通分娩を選択しない産院がほとんどだと思います。それは、逆子のまま普通分娩(経膣分娩)をすると、時として赤ちゃんが危険な状態になってしまうからなのです。

一言で逆子と言いますが、赤ちゃんの向きによって分類があります。

頭位の場合の経膣分娩では、一番大きな頭が最初に出てきます。頭が出てくれば、後の体は自然にするっと出てくることが多いのですが、逆子で経膣分娩をするとなれば、一番大きな頭が最後に出てくることになってしまいます。

最後の頭が通り抜けるのに時間がかかると、赤ちゃんの身体と共に先に出てしまったへその緒が頭と産道の間に挟まって圧迫され、血流が途絶えてしまい、赤ちゃんは栄養や酸素が届かずに危険な状態に陥ります。逆子が帝王切開での出産になる大きな理由です。

逆子の中でも殿位であれば、お尻は頭の次に大きいので経膣分娩が出来なくもないのですが、赤ちゃんが無事に生まれてくることを一番に考え、最近ではほとんどの産院で予定帝王切開での出産になっています。

 


逆子でも心配なし!心身ともにリラックスが大切です♪

帝王切開=楽な出産、というイメージを持っている人もいますが、それは間違い。経産婦の方であれば、帝王切開が一番大変なお産なのではないか?と感じる方もいるはずです。

帝王切開も立派なお産です。しかも帝王切開とは手術です。帝王切開はお腹を切るのですから、麻酔をかけているとは言えども、術後は痛くないわけがありません。術後に塞栓予防をしたり、早期に離床を促したりと十分な管理が必要であるため、日本では経膣分娩より入院日数を多くとっていることからも、決して楽な出産ではありません。

出産が帝王切開となると、不安が大きく悩む方もいると思いますが、心配することはありません。帝王切開のない大昔ならば、逆子は母子ともに命の危険があるために何としても直す必要があったでしょうが、医学の発達した現代において一番大切なことは、母子ともに安全に出産することなのです。

 


逆子になる理由とは

とは言っても、赤ちゃんの頭に位置がどうしても気になってしまうのが、妊娠中のお母さんの心理ですよね。

赤ちゃんが逆子になってしまうのには、

 

このように物理的な要因がある人も、もちろんいます。けれども、逆子である人の大半は、子宮にも胎盤の位置にも羊水の量にも異常はないという場合がほとんどで、明確な理由ははっきりしていません。

赤ちゃんが逆子であることに対し「その向きが赤ちゃんにとって一番良いんだよ」と言われたことのある人もいらっしゃるかと思います。実はこれは、ただの慰めではなく、赤ちゃん的に理にかなっているとも言えるのですよ!

 

整体世界では、
逆子になる理由冷え骨盤にあると考えます。

 

 

冷え

赤ちゃんは、お母さんのお腹や足が冷えていると暖かい方へ頭を向けようとして、お母さんの心臓があるほうへ頭を上にしてしまうという考えがあります。現代は、冷暖房の完備や、夏の酷暑の影響で冷たいものを好むなど、身体が冷えやすい環境にあります。

 

身体冷えは、逆子だけの理由だけではなく妊婦さんには厳禁です。

 

冷えると血行が悪くなるため、子宮への血流も悪くなりお腹も張りやすくなるので、赤ちゃんにとっても居心地の良い子宮環境とは言えません。

 

骨盤の歪み

妊娠中の女性は、ホルモンの影響から靭帯や関節が緩みやすくなっています。
そして、赤ちゃんが通る準備をするために骨盤も少しずつ開いてきます。妊娠前からの身体の歪みもあり、妊娠によって更に骨盤の位置がずれると、内臓が下がる原因にもなります。

内臓の下垂は、子宮を圧迫し、赤ちゃんのスペースが狭くなる上に血流の悪化も招きます。

 

ストレス

妊娠中は妊娠前と身体も変わり、人によっては動きの制限もされることがあるでしょう。出産への期待と子育てへの不安が入り混じった、複雑な気持ちの人もいると思います。

人間はストレスがかかると、自律神経が乱れ身体が無意識に緊張し筋肉が硬くなったり、血流が悪くなったりします。そして①や②と同じように、子宮への血流が悪くなってしまうというわけです。

 


逆子を治す方法はある?

もし出産まで逆子で帝王切開を選択することになったとしても、大切なのは赤ちゃんが無事に生まれてくることです。ご自身を責める必要は全くありませんよ。とは言っても、確かに帝王切開にもリスクはあります(リスクの有無で言えば経膣分娩でも同じです)。

帝王切開をすると、その次の出産からも帝王切開になる場合がほとんどなのですが、子宮にメスを入れるということはそう何度も出来るものではなく、帝王切開での出産は3~4回までとする場合が多いのです。一度子宮を切ると、どうしてもその部分が薄くなってくるので、何度も何度も帝王切開ということになると子宮破裂の危険性がとても高くなるからです。

そのため子供がたくさん欲しいと願っている人は、逆子を治したいと強く希望する方が多いようです。

 

逆子体操

赤ちゃんが逆子と言われると、この体操を産婦人科等で勧められる人も多いでしょう。
統計的には定かではありませんが、逆子を治すために一般的に知られている方法です。

意味がない、という医師もいますが実際治ったという声もありますし、特に手間やお金がかかる体操ではないため、体調を見ながら行ってみる価値はあると思います。

体操を始めるのは30週以降が良いとされています。それ以前だと、まだ赤ちゃんが回転しやすい時期のため、頭位に戻ってもまた逆子になる可能性があるからです。

お風呂に入った後の身体が温まっている時が、行うタイミングとしては良いでしょう。

 

  ・胸膝位(きょうしつい)  

胸と両膝を床につき、おしりを高くあげる体勢です。猫が伸びをしているような姿勢をイメージしてください。

1.両ひじ・両ひざを床につけて四つんばいになる
2.顔の下にクッションを置き、顔と胸を床につける
3.両ひざを90度にしつつ、おしりを高く持ち上げて10~15分ほどキープする
4.終わったら横向きで休む

床が硬くて気になる場合は、マットレスや座布団などで調整してください。これはやってみると分かるのですが、なかなかキツイ姿勢です。深呼吸をして音楽などを聴きながら、リラックスした状態で行いましょう。途中でお腹が張ったり、あまりにキツすぎたりする場合は中止してください。

 

  ・仰臥位(ぎょうがい)  

仰向けに寝て、腰とお尻を高く持ち上げる方法です。

1.クッションを腰の下に置いて仰向けに寝る
 (クッションは30~35cmの高さになるよう調節して下さい)
2.足は自然体にして、この姿勢を10~15分間キープする
3.終わったら横向きで休む

妊婦さんで仰向けの体勢は、お腹が張りやすくて苦手な人もいるでしょうから、無理は禁物です。初めのうちは3分くらいからスタートしてみましょう。

胸膝位と同じく、深呼吸をしながらリラックスして行って下さい。
お腹が張って戻らないとか、苦しい時はすぐに中止しましょう。
体操のとき以外でも、横向きに寝ると赤ちゃんが回転しやすいと言われています。

赤ちゃんの背骨が自分のお腹の右側にある場合は左半身を下にし、赤ちゃんの背骨が自分のお腹の左側にある場合は右半身を下にするように横になります。妊婦健診の時にあらかじめ聞いておきましょう。

 

外回転術

外回転術は医師が行う医療行為です。
また、熟練した腕が必要です。

妊婦さん側にも帝王切開の経験がない、前置胎盤や低置胎盤ではない、羊水の量が正常範囲であるなどの条件があります。医師が力を入れて子宮を直接動かすため、しっかりと赤ちゃんの心拍などをモニタリングし、張り止めを点滴しながら行う必要もあります。

また、事前にしっかりリスクを把握することも大切です。子宮を刺激するために、胎盤が剥がれたり赤ちゃんの心拍が落ちたりすることもゼロではありません。

外回転術を行なっても、必ず逆子が治るわけではなく、そのため現在では積極的に勧める医師は少なくなっているようです。

 

赤ちゃんへの語りかけ

急に迷信めいた話になって恐縮ですが、意外にもこれで赤ちゃんが下向きになったという経験談も多く聞かれます。赤ちゃんの聴覚は24週頃から発達します。

だからと言って言葉を理解できるわけではないのですが、お母さんが優しく「頭を下にしてね」と語りかけたり、お腹をなでたりすることで赤ちゃんへ気持ちが伝わるとも言われています。

要は、お母さんがリラックスした状態が赤ちゃんにとっても心地良いということです。
リラックスしてお腹をなでると、自律神経が整い緊張が取れて子宮への血流も良くなるのですね。

 


さいごに

今回は逆子についてお話しました。

逆子体操をしても語りかけをしても治らない、でも外回転術はちょっと怖い・・・という方もいらっしゃるでしょう。

 

愛YOUカイロプラクティック院は、
骨盤や体の歪みを改善することで自律神経のバランスを整え、
逆子へのアプローチ出来る数少ない治療院です。

 

逆子にならないために、逆子を戻す(骨盤位から頭位へ戻す)ためには、赤ちゃんが頭を下にしやすい母体環境をつくることが大切です。当院の施術は非常にソフトで、妊婦さんにも安全・安心して受けていただけます。逆子がなおった実績もあります!

 

母体にも、お腹の赤ちゃんにも負担はかかりません。

 

また、上に小さいお子様がいらっしゃるという経産婦さんでも大歓迎です。お子さんとご一緒にお越しください!気兼ねなく一度お電話くださいね。

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: エクササイズ, カイロプラクティック, セルフケア, ブログ, 冷え症, 妊婦さんへのケア, 婦人科疾患, 子ども, 産後骨盤調整, 疲労回復, 腰痛, 自律神経失調症, 自律神経系, 骨盤美容 | コメントする

更年期の女性に多い肋間神経痛は予防ができる!|松山の整体

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

肋間神経痛


肋間神経痛と女性の更年期

女性は、40代半ばを過ぎると、いろいろな不調を訴える方が、急増します。
これは、見た目が若々しくて、その年齢に見えないという方でも同じです。

とくに、閉経前後の5年間という更年期の時期には、一見変わりはないようでも、女性の身体の中では、とても大きな変化が起きています。
(*日本人女性の平均的な更年期は、45歳~55歳)

今回は、その女性の更年期の時期に表れやすい、肋間神経痛という痛みの症状について、女性特有の原因と予防を、お話します。充実した楽しい老後を過ごすためにも、この時期にきちんと、ご自分の身体の変化を知って、対策をしておきましょう。

 


骨と女性ホルモン

 

肋間神経痛がある女性多い年齢は、40代後半以降です。

 

これは、「骨粗しょう症」と関係があります。
これは、骨の成分が減少して、スカスカになっている状態をいいます。今まで、骨密度(骨量)を検査されたことはありますか?骨は、コラーゲンやミネラルなどの成分でつくられていて、筋肉や皮膚と同じように毎日の代謝により新しく生まれ変わっています。

 

この新陳代謝は、
骨の破壊」と「骨の形成
という2つ働きが、バランスをとりながら、成り立っています。

 

30歳ごろまでの成長期には、骨の形成を行う細胞が多く、どんどん作られていきます。しかし、30歳を過ぎると骨の破壊を行う細胞が活発になり、徐々に弱くなっていきます。これは、男女にかかわらず起こる、加齢という老化現象のひとつでもありますが、特に女性に骨粗しょう症が多いのは、骨と女性ホルモンとの間に、密接な関係があるからなのです。

 

   女性ホルモンの働き   

女性ホルモンには、エストロゲン・プロゲステロンという2つの種類があります。

 

そのうちのエストロゲンが、破壊の働きを抑えます

 

このエストロゲンは、卵胞ホルモンと呼ばれ、卵巣にある卵胞から分泌され、妊娠・出産に欠かせないホルモンです。しかし、ある程度の年齢になりますと、卵巣の機能の低下とともに、エストロゲンの分泌が低下していきます。個人差はありますが、40歳を過ぎると、徐々に減ってくるようです。そして閉経時には、驚くことに、30代のピーク時の四分の一程度しかありません。これは、月経が始まった頃に分泌されている量と、同じくらいです。

エストロゲンの量は、そのまま骨量に反映されます。エストロゲンが減るのと同じように、骨量も急激に減っていきます。

 

 エストロゲンのマイナス面 

減った分どんどん、サプリや食品で、エストロゲンをとればいいかというと、実はそうではありません。エストロゲンには、マイナス面もあります。

 

月経の周期の中に、エストロゲンだけが急激に増えるという時期があります。

月経回数多い = エストロゲン影響強く受ける時間が長い
ということになります。

 

現代では、未出産や、出産回数が1、2回という女性が、大変多くなっている為、5人兄弟、7人兄弟が一般的であった時代と比べると女性が生涯に経験する月経の回数が、増えています。

このように、エストロゲンにさらされた状態が長ければ長いほど、エストロゲン依存性疾患(「子宮筋腫」「子宮頸がん」「子宮内膜症」「乳がん」「乳腺症」など)になりやすいことが、わかっています。

ちなみに、妊娠中は、エストロゲンだけでなく、プロゲステロンというもうひとつの女性ホルモンも多くなり、エストロゲンの強い影響を和らげています。生涯で分泌されるエストロゲンの量は、個人差はほとんどなく、ティースプーン1杯ほどなのですが、そんなわずかな量の増減で、これほど大きな影響があることに、驚きますね。

 


女性の更年期の骨と、肋間神経痛

もともと女性は、男性とくらべて、全体の骨量が少ないです。
そして、閉経により、骨を守っていたエストロゲンが急激に減ることで、当然骨は弱くなり、スカスカになって行きます。閉経時には、加齢による老化もありますから、ダブルパンチです。40代後半以降の女性に、骨粗しょう症が多いのはこのためです。そして、骨粗しょう症の方は、骨がもろくなっている為、ひびが入りやすく、骨折しやすいので、肋間神経痛になりやすいのです。

内臓疾患などの病気がない場合で、

 

肋間神経痛がある方は、
筋肉神経のいずれかに問題がある
ことがほとんどです。

 

そして、それらの問題を解決しない限り、肋間神経痛がおさまることはありません。40代半ばを迎えた女性は、ぜひご自分の「骨密度」や「エストロゲンの値」を気にされることをおすすめします。なぜなら、骨粗しょう症は、自分では、ほとんど自覚しにくい症状のひとつですし、現在、骨密度に問題がない場合でも、エストロゲン量が急激に減っている場合は、更年期症状の中で、痛みという症状が起こってくることがあります。

 

つまり
更年期女性起こりやすい代表的な神経痛として
肋間神経痛があるのです。

 

さらに肋間神経痛は、精神的ストレスによっても引き起こされることがわかっています。

ストレスを溜めることで、筋肉の緊張状態を避けられず、カチカチになった筋肉が神経を圧迫するということになります。更年期の女性は、ご自身の体調や、見た目の変化にも敏感ですので、そういうこともストレスの原因となりがちですね。

ホルモンの変化やストレス、どちらにしても、実際に骨や筋肉、神経に何かしら問題が起きていることは同じですので、これをなんとかしなければなりません。

 


骨密度の検査とは

骨密度の検査では、若い人の平均値と比べて、自分は何%であるかが、わかります。
70%未満の場合、骨粗しょう症と診断されます。

自治体によって違いがありますが、だいたい40歳~70歳の間で、5年ごとに骨密度検診を行っているようですので、広報誌や自治体のHPで確認するか、直接、保健所や保健センターにお尋ねください。

また、整形外科・内科・婦人科などで、保険適用でできます。検査方法、検査部位によって、料金が変わってきますので、事前に問い合わせをしてください。

検査自体は、数分程度で終わります。

 

【検査の種類】

*超音波測定・・・踵の骨に超音波をあて、超音波が通り抜ける速度で、おおまかに判断。X線を使用しないので、妊婦さんも受けられます。 *MD法・・・・・・アルミニウム板に両手を置きX線を照射して、コンピューターの画像の濃淡より判断する。末端の部位である指の骨での診断。 *デキサ法・・・・前腕/腰椎/腰椎と大腿骨/のいずれかで検査。高低2種のX線を照射し、その透過度をコンピューターで解析して診断。正確な骨粗しょう症の診断には、腰椎の検査が原則となっています。 検査料(自費の場合)1,400~4,500円程度

 

閉経、もしくは50歳を過ぎたら、必ず検査をおすすめしますが、もっと言えば、骨量があまり変化をしない、20代~40代のうちに、一度測定をしておくことをおすすめします。

ご自分の若い頃の値を知っておくと、その後の判断に役立ちます。何度かダイエットをされた経験がある方は、とくに早めに検査してください。若くても、骨粗しょう症になっている場合がありますので、治療が必要です。

 


病気もなく骨密度に異常もない場合で、肋間神経痛の痛みがあるとき

更年期症状でないかどうか、婦人科で、女性ホルモンの値を調べてもらうのもよいです。女性ホルモンも異常がなく、自律神経に問題があるといわれたときは、身体の歪みがないかどうかを、整体などで、見てもらうのは、とても有効です。

身体の歪みと、自律神経には、深いかかわりがありますので、日常生活の見直しとともに、姿勢の改善など、じっくりこの機会に、ご自分の身体に向き合われることをおすすめします。

 


40代を過ぎた女性のための肋間神経痛の予防のために

 

女性も若いうちは、食べる量も多いし、自分自身がもつ身体の生命力で、いろいろなリスクをまともに受けずに済むことが多いようですが、50歳を過ぎたら、何を食べるかは大事です。

食べているものが、そのまま体調につながるような大きな影響があります。骨を強くするには、カルシウムを取るだけでは足りません。

 

ビタミンDを取り入れましょう!

カルシウム+ビタミンD強くします。

 

ビタミンDが欠乏すると、骨だけでなく、筋肉も弱くなり痛みを感じるようになります。免疫力も低下し、感染症や癌などに、かかりやすくなります。

こんなに大切なビタミンDですが、

 

最近では、日本人のほとんどが不足しているといわれています。

 

というのも、体内のビタミンDは、日光浴により紫外線をあびることで、作られるのが効果的ですが、オゾン層の破壊が報じられて以来、紫外線の影響が問題になり、日光浴の必要性などは、あまり言われなくなったためと考えられます。そして、ビタミンDを多く含む、魚の摂取量も減っていますね。

一日のほとんどを屋内で過ごす高齢者、美白を気にする年代の女性は、すでにビタミンD欠乏になっている場合もあります。日光浴が必要といっても、手の平、足の裏などの一部でよく、一日15分くらいでいいのです。冬場の場合は、20~30分くらいが必要なようですが、それが無理な場合は、その分を食品やサプリメントで、補うと良いでしょう。

ビタミンDは、サケ・サバ・マグロなどの脂肪性の魚や、キノコなどの食物に比較的多く含まれていますので、ぜひ積極的に摂るようにしてください。

 


まとめ

今回は、その女性の更年期の時期に表れやすい、肋間神経痛という痛みの症状について、女性特有の原因と予防についてのお話しをしました。

40代半ば以降の女性が、肋間神経痛の原因になりやすい「骨粗しょう症」を予防するためには、たんぱく質、カルシウムとビタミンDなど、必要な栄養を十分とること、散歩・家事などの適度な運動を行って骨に負荷をかけることが大切です。

ただ、閉経を迎える時期(骨を守るエストロゲンが急激に減る時期)に、激しい運動をすることは、骨にとってマイナスとされています。ひびや骨折の危険が、大きいためです。
くれぐれも過度にならないように気をつけてくださいね。

とくに病気もなく骨や女性ホルモンの状態もよいのに、肋間神経痛の痛みがある場合は、ストレスの状態と、身体のバランスを見直してください。

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: めまい , カイロプラクティック, コリや痛み, ブログ, 婦人科疾患, 生理痛, 肋間神経痛, 自律神経失調症, 自律神経系, 頭痛 | コメントする

肋骨の痛みは病気?不安な症状の原因を5分で知る|松山の整体

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)


Q.肋骨あたりで、突然痛みを感じたことはありませんか?

堪えられないほどの痛みではないし、しばらくたつと治まった。たまにしか痛まない。この程度だと、ついついそのままにしてしまいますね。

 

Q.では、が、急に苦しくなったことはありませんか?

これは、驚きますね。何か、危険な病気ではないかと不安になります。

 

A.これらは、どちらも「肋間神経痛」の可能性があります。

 

聞きなれない名前ですが、病名ではありません。
痛みの症状のひとつです。しかし、痛みを感じるには、なんらかの原因があります。また、「肋間神経痛」の痛みは、他の病気の症状とよく似ていることがあります。

ですから、その痛みは、単なる「肋間神経痛」であるのか、ないのか。「肋間神経痛」ならば、どんな原因があるのかを、きちんと見極めておくことが、隠れた危険な病気を見逃さないために、とても大切です。

今回は「肋間神経痛」について、詳しくお話します。

 


「肋間神経痛」とは

「肋」は、肋骨を指します。一般的には、あばら骨と言いますね。肋骨は、背中から胸を覆うように、左右12本ずつあり、胸部や一部の腹部の内臓を、外部の衝撃から守っています。

そして、この肋骨に沿って、「肋間神経」が走っています。
この神経に沿って痛みを感じることを、「肋間神経痛」と呼びます。主に、胸や、わき腹が痛みます。背中や、わきの下の場合もあります。

一般的な「痛み」のしくみは、「身体のあちこちにある痛みセンサーが、外傷などに反応して、信号を送り、末梢神経を通って、脳に伝わる」というものです。しかし、痛みを伝える神経の「過剰反応」によって起こる痛みというのがあります。神経そのものが傷ついた場合などに起こります。「肋間神経痛」はこれに当たります。痛みの症状は、個人差が大きいので、一概に言えませんが、以下の痛みの特徴があります。

 


「肋間神経痛」のよくある痛みの特徴

 

☑深呼吸をすると、胸が痛い。

☑寝返りを打つと、痛い。(ちょっとした姿勢の変化のときに痛む)

☑突然、背中やわき腹あたりから、肋骨・みぞおちのあたりが、刺さるように痛い。

☑左右の片側だけが痛い。(左側が多い)

☑急激に短時間だけ痛む場合と、痛みが続く場合がある。

☑ピリピリする痛み・さすように痛い・しびれるような痛み。

 

また、突然、胸が痛むといっても、心臓の病気(狭心症・心筋梗塞)とは区別がつきやすく、身体をひねる・曲げる・呼吸をするなど、ちょっとした姿勢の変化によって、痛みが引き起こされることがほとんどです。

しかし、中には、緊急で対応が必要なものもありますので、今までにない胸痛がおきたときは、早めに、呼吸器科・内科・循環器科などの医療機関で、きちんと検査されることをおすすめします。

 


病院での肋間神経痛の検査と診断

検査には以下のようなものがあります。

・問診       (痛みの部位・頻度の確認)
・心電図      (狭心症・心筋梗塞を判断)
・胸部レントゲン  (肺炎・胸膜炎を判断)
・胸部CT・胸部MR (腫瘍判断)

⇓⇓これらの検査によって、以下の病気が発見されることがあります⇓⇓

*狭心症(きょうしんしょう)
*心筋梗塞(しんきんこうそく)
*逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)
*気胸(ききょう)
*肺塞栓(はいそくせん)

 


「肋間神経痛」と似ている、胸の痛みが起こる主な病気

*狭心症(きょうしんしょう)

心臓に酸素や栄養を送る血管(冠動脈)の内側が部分的に細くなり、血流が悪くなり、一時的に胸痛が起こる病気。数分~15分程度で、胸痛は治まりますが、一日何回もある場合は危険です。

 

*心筋梗塞(しんきんこうそく)

心臓に酸素や栄養を送る血管(冠動脈)が完全にふさがり、心臓の細胞が障害を受ける病気。心筋梗塞の胸痛は、時間が経過してもおさまらないのが特徴です。

 

*逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)

みぞおちや胸に痛みを感じるとともに、胸焼けや胃もたれに症状があります。治療の緊急性は低いですが、慢性化すると、がんなど、深刻な状態になることがあります。

 

*気胸(ききょう)

肺炎や外傷によって、肺が破れ、肺の外側、胸膜との間に空気がたまってしまう病気。原因不明の場合は、10~20代のやせ型の男性に多く、タバコや寝不足など、生活習慣のストレスによるものといわれている。

 

*肺塞栓(はいそくせん)

心臓から肺へ血液を運ぶ血管(肺動脈)に血の塊(血栓)などがたまり、血流れが悪くなったり、つまってしまったりしてしまう病気。

ほとんどが脚部の静脈にできた血栓によるもので、エコノミー症候群とも呼ばれています。呼吸困難を伴い、息を吸う時に胸が痛む特徴があります。

突然死も起こる場合があり、緊急性の高い病気です。肥満・寝たきり・手術後などが、大きな要因となっています。

 


肋間神経痛ですねと言われたら

はじめに、「肋間神経痛は、病気でなく、症状。」とお話しました。
では、何によって、その症状が起こっているのか。その原因となる、病気があるかないかを、まず調べることが大切です。

病気がはっきりわかれば、その治療を行ないます。病気を治療することで、肋間神経痛という症状を、やわらげたり、無くしたりしていきます。

 

 ①原因がはっきりわかるもの 

◎感染症

【帯状疱疹】
一度、水ぼうそうにかかると、ほとんどの方は、神経の中に水ぼうそうのウイルスが
潜伏した状態になります。
そのウイルスが、疲れやストレスなどで抵抗力が落ちた時に動き出し、
神経を伝わって皮膚に出て、水膨れを作ります。
帯状疱疹の後遺症:数ヶ月~数年に及ぶ➡ 抗ウイルス薬を飲んで治療消炎鎮痛剤など

◎骨や筋肉の異常
肋骨・脊椎などの骨折の後遺症・ 椎間板ヘルニアなど:変形した骨や筋肉が、神経を圧迫したり、傷つけたりするために痛みを発症している

◎胸部手術の後遺症

◎がんの骨への転移

 

*原因がはっきりした場合:病院での治療

内科・循環器内科などを受診して、原因を特定します。
骨折や腫瘍が原因であれば、その治療を行います。
その他、原因が特定できれば、それにそった治療となります。

 

  ②原因が特定できない場合  

肋間神経痛の原因を調べても、これといって明らかな原因が見つからない場合があります。実は、このタイプの方が、とても多いです。

 

*原因がわからない場合:病院での治療

痛みを和らげることを目的とした、対症療法が中心です。
温熱療法、薬物療法(痛み止めの服用、消炎鎮痛剤の外用薬の処方)などがあります。

痛みが激しい場合は、神経ブロック注射
(痛みの原因となっている神経に局所麻酔の注射)を行います。
過敏になっている神経を麻痺させて、落ち着かせます。
それにより痛みが緩和されます。

 


薬物療法・ブロック注射の種類

   薬物療法   

(それぞれの副作用を考慮し、症状・体質により選んで処方されます)

・エヌセイズ(炎症や痛みを抑える非ステロイド性の薬(商品名:ロキソニンなど))

・アセトアミノフェン(痛みや発熱を抑える)

・プレガバリン(神経への鎮痛作用がある(商品名:リリカ))

・抗うつ薬(他の薬で、治療の効果がない場合に使われる)

・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう):冷えがあり体力がない人に

・疎経活血湯(そけいかっけつとう):体力が中程度で慢性的な痛みに

・五積散(ごしゃくさん):冷えがあり慢性的な痛みや更年期障害など

・ビタミンB12:末梢神経の修復に有効)

 

 神経ブロック注射 

神経が受け取った痛みの信号は、脊髄を通って、大脳へ伝えられて、ようやく痛みとして認識されますので、脊髄に入る手前の神経に、麻酔をかけて、痛みが伝わるのを止めます。この処方は、術後に合併症がないとは言えません。また高度な技術を要しますから、経験豊かな整形外科・ペインクリニックで、十分説明を聞いたうえで、検討してください。

 

◎肋間神経ブロック

うつぶせの姿勢で、背中から、肋間神経の脊髄(せきずい)から出てすぐの場所に、
麻酔を打ちます。
神経の周囲に麻酔薬を注射して、神経を麻痺させる。
効果は、個人差があり、数日~数週間です。

 

◎硬膜外ブロック

硬膜(こうまく)とは、脊髄を取り囲む最も外側の膜のことで、
その外側のわずか数mmの空間=硬膜外腔(こうまくがいくう)に、
横向きの姿勢で背中から、麻酔を打ちます。
一時的に痛みを抑えるもので、1週間に1回程度。

血液をサラサラにする薬を飲んでいる方など、いろいろなケースで受けることができない方がいますので、十分な知識が必要です。

 


原因がわからないとき、病院以外でできること

 ☑内科、整形外科に行って検査をして、「どこも悪くありません。」と言われた。
 ☑こんなに痛いのだから、悪くないはずがないと思い、病院をいくつか変えてみた。
 ☑同じ答えしかもらえない。

ついには、
あとは心療内科へ行ってください。
と言われてしまった。

 

なんだか、あなたの痛みは、気のせいです。と言われているようで、つらいですね。
しかし、肋間神経は、筋肉に囲まれるように存在しているので、筋肉が硬くなることで、神経が圧迫されて、痛みがでることがあります。

筋肉は、動かしすぎ(疲労)や、逆に、ほとんど動かさないことで、硬くなります。
また、ストレスで血流が悪くなることでも、硬くなります。そして、背骨など、身体にゆがみがある場合も、神経は圧迫されます。(デスクワークが多い人、猫背の人は、身体がゆがんでいないか、要注意です。)

つまり、「肋間神経痛」は病気ではありませんので、日常生活の見直しを行い、身体全体のバランスを見直すことで、改善されることがあります。生活習慣を改善すること、ストレスを減らすこと、整体などの専門家に、身体全体のバランスを調整してもらうことは、とても有効です。

身体のゆがみは、自分では判断つかないと思いますので、ぜひ専門家にみてもらうことをおすすめします。その際には、日常の効果的なストレッチや、生活改善指導も受けられるところがいいですね。

 


自分でできる日常生活の改善

 入浴や、ストレッチをすることで、血液の循環をよくする。

 日頃から、なるべく保温に努め、身体を冷やさないようにする。

 衣類がすれることで、痛む場合もあるので、
  さらしや包帯を巻くなど、工夫をする。 

 人と話したり、出かけたり、趣味に没頭する時間をもつ。

 椅子に座る時間が長い人は、姿勢がくずれやすいので、
    途中休憩をとりながら、正しい 姿勢をとるように、気をつける。

 運動不足は、身体がゆがみやすいので、適度に軽い運動をする。

 神経修復作用の大きいビタミンB12を、とるように工夫する。

ビタミンは、飲酒・喫煙・過度な減量・外食中心の偏食により不足しがちになります。

 

ビタミンB12を多く含む食品

しじみ・あさり・はまぐり・カキなどの貝類

すじこ・いくら・いわし

牛・鶏・豚のレバー

やきのり

プロセスチーズ

 


おわりに

今回は「肋間神経痛」について、詳しくお話ししました。

今までにない激しい胸の痛みの場合は、必ず専門医で、隠れた危険な病気がないか、検査してもらってください。病気でない場合、原因が不明な場合は、ご自身の背骨や筋肉の状態を専門家でチェックしてもらうこと、同時に、日常生活の見直しを、ぜひおすすめします。

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: カイロプラクティック, ブログ, 疲労回復, 肋間神経痛, 身体の歪み, 食に関するお話 | コメントする

不妊症は病気じゃない!仕組みを知って妊娠しやすい体づくりを|松山の整体

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

不妊症


子供がほしいけれど、なかなか妊娠しないことで「不妊治療」を行っている方や、まだ自分が不妊かどうかはわからないけど気になるという方のために、今回は不妊についての簡単な知識をまとめています。

知らないよりは知っている方が安心できるし、何をすればいいかも決められると思います。不妊かも?と悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください。

 


不妊症とは

近年、「妊活」という言葉も浸透し「不妊症」は決して珍しいものではなくなってきました。

 

「不妊」は病気ではありません。
妊娠しなかったこと」を指す言葉です。

 

WHO(世界保健機構)では、赤ちゃんが欲しいと願っている健康に異常のない夫婦が、一般的な夫婦生活を行なっているにもかかわらず、1年以上妊娠しない場合を不妊症と定義しています。健康的な25~30代前半の男女が、排卵日に合わせて夫婦生活を行った場合、妊娠する確率は20~30%くらいといわれています。意外に低いと感じるかも知れませんね。

そして、継続して妊娠を希望し、夫婦生活を行った場合は6か月以内に65%、1年で80%、2年で90%、3年で93%が妊娠に至るとされています。このデータから考えると、1回では妊娠しなくとも数ヶ月、少なくとも2年程経てば赤ちゃんを授かる人がほとんどです。

しかし、現に赤ちゃんが出来ないと悩む夫婦が多いのは、「妊活」という言葉が浸透するまでになったことからもよく分かります。

 

妊娠には、年齢大きな要素となります。

20代でも妊娠しにくい人もいますし、一概年齢だけが理由とは言えません

 

30代前半の男女が妊娠する確率は20~30%というのはお話しました。ではそれよりも年齢が上がるとどうなるでしょうか。一般的に、30代後半だと15~18%程度、40代になると1~5%程度と徐々に自然妊娠の確率は減っていってしまいます。

もちろん確率がゼロではないのも確かなのですが、高齢出産と言われる35歳より前に妊娠するのが母体の健康の点からも望ましいのも事実です。そうは言っても、なかなか思い通りにいかないのが妊娠です。

 


排卵~妊娠に至るメカニズム

はじめに、妊娠するまでにどういう経過をたどるのかをお話します。

1.卵胞(らんぽう)の成長

卵胞とは女性が生まれたときから持っている卵子の入った袋です。
その中から、毎月数個が選ばれ卵巣の中で排卵に向けて育っていきます。
脳の視床下部からは、脳下垂体にホルモンの製造指示が出ます。
それを受け、脳下垂体は卵子を発育させる卵胞刺激ホルモンを分泌させます。

 

2.着床の準備

卵胞はエストロゲンを分泌し、子宮内膜に働きかけて子宮内膜が厚くなってきます。

 

3.排卵

排卵を促す黄体形成ホルモンを上昇させて、その指令を卵巣に送ります。
受精するために必要な厚さまで子宮内膜が増すと、指令によって
卵巣から卵子が飛び出て卵管に入り、受精を待ちます。

 

4.卵胞の変化

卵子が出た後の卵胞は黄体に変わり、そこから黄体ホルモンが分泌されます。
さらに子宮内膜をフカフカにするように働きかけます。

 

5.受精、着床

卵子と精子が出会うと受精し、受精卵が着床となります。
受精しなければ、厚くした子宮内膜はいらなくなるため、
剥がれ落ちて血液とともに排出されます。これが月経(生理)です。

これらのメカニズムがスムーズに動けば、妊娠は成立します。

身体的の機能的にはどこにも問題がないのに妊娠に至らないのであれば、このメカニズムのどこかがうまく働いていないということになります。

 


自律神経と不妊

現代の日本人は、自律神経が乱れている人がとても多くいます。
昔とは違う生活環境、生活習慣、そしてストレス(身体的、精神的)などの要素が絡まり合い、交感神経と副交感神経のバランスがとれなくなった状態を自律神経失調症と言います。実は、自律神経の乱れは不妊とも大きな関係があるのです。

自律神経は、ホルモンの分泌にも関わっています。
脳の視床下部から脳下垂体にホルモンを分泌する指示が出て、卵巣からホルモンが分泌されるので、脳下垂体と卵巣が良い連携を取るために自律神経の働きは欠かせません。

交感神経はいわばアクセルで、身体や脳を興奮状態にさせ、様々な機能をフル稼働させる神経です。現代の日本人はこの交感神経が常に興奮しっぱなし、アクセル全開状態がずっと続いており、副交感神経との切り替えがうまくいかず乱れてしまうのです。

その自律神経が乱れると、当然ながらホルモンバランスも乱れます。そしてホルモンバランスが乱れると、さらに自律神経も乱れるという悪循環になってしまいます。

このように自律神経とホルモンバランスは、どちらかが悪くなるともう一方も悪くなってしまうという密接な関連性があるのです。

 


頭蓋骨と自律神経

ホルモン分泌は脳の視床下部から脳下垂体への指令が必要です。
ということは、脳を守っている頭蓋骨の歪みも不妊に関係があります。

頭蓋骨って歪むの? と疑問を抱く人が多そうですね。頭蓋骨は、丸い一つ骨ではありません。23個の骨がくっついてあのような丸い形を作っています。

頭蓋骨の中には23の骨があってパズルのようにつながっていて
それぞれの骨が色別に分かれてます。
骨が分かれているため、それぞれの骨の間には関節があります。

そのひとつひとつの骨が0.数mm単位でズレが生じてしまうと、脳脊髄液の循環が滞ることがあります。

脳脊髄液は脳と脊髄の周りを薄く満たしている液体ですが、脳脊髄液の循環が悪くなると視床下部や脳下垂体の働きも悪くなり、ホルモンバランスも乱れ、結果として自律神経の乱れにつながります。

 


頚椎と自律神経

不妊で悩んでいる方の身体を診させていただくと、頭蓋骨を支えている頚椎が歪んでいる人がとても多くいます。特に、7個あるうちの頚椎の1番目と2番目は、視床下部や脳下垂体をまとめた「脳幹」を支えているので、ここが歪むと当然のことながら視床下部や脳下垂体の働きが悪くなってしまい、自律神経を乱すのです。

 

視床下部脳下垂体働き低下ホルモンバランス崩れ自律神経乱れ

 

というように、全てが繋がっているわけです。

 


骨盤と不妊

骨盤は内臓を納めている重要な骨で、子宮や卵巣も骨盤に守られています。骨盤は背骨の一番下にある仙骨と、その両側にある大きな骨である腸骨からつくられています。3つの骨がくっついているので、つなぎ目の少しのずれから左右非対称になってしまいます。これが、妊娠や出産を左右することがあるのです。

子宮は骨盤の中にあって、周りにあるいくつもの靭帯によってあるべき場所に支えられています。しかし、骨盤に歪みがあると、左右の靭帯の引っ張る力も左右非対称になり、子宮も左右どちらかに引っ張られるような形になります。

その結果、子宮は大きなストレスにさらされ、ホルモン分泌の異常により無排卵になったり、子宮内膜も均等ではなくなり一部が薄くなってしまったりして、受精卵が着床しにくくなります。他にも精子の通り道が歪んで通りにくくなったり、子宮の血流が悪くなり妊娠が継続しにくくなったりなどの、妊娠に不向きな要素が出て来てしまいます。

 

また、骨盤歪み内臓下垂要因ともなります。

 

胃や腸が下がってくると、その下にある子宮や卵巣を圧迫して、正常な血流の妨げになります。そのため、子宮や卵巣の機能低下を招いてしまうのです。

それ以外に、骨盤は子宮口の向きにも関係しています。猫背姿勢の人の多くは、骨盤が後ろに傾いています。そうすると、本来身体の後ろを向いている子宮口が下向きとなり、受精卵も下へ降りやすくなってしまい、着床に結びつかない結果となります。

不妊というと生殖器の問題ばかりに目が行きがちですが、子宮や卵巣を守っている骨盤の歪みが、こんなにも影響を与えているのが分かりますね。

 


肥満と不妊

イメージ的には痩せすぎの人は妊娠しにくいのでは?と思う人が多いでしょう。ところが、肥満の人の方がより妊娠しにくいというのは、あまり知られていないかと思います。

日本で肥満とは、BMI(Body Mass Index)という肥満の指標の値が25以上と定義しています。

 

BMI=体重kg ÷ (身長m)2

 

この値が25以上となると

・糖尿病
・高脂血症
・高血圧

などの、メタボリックシンドロームと言われる病気の発症確率が高まることも分かっています。そして、妊娠に適したBMIの数値は「22」と言われています。つまり痩せすぎも、やっぱり妊娠には適していないということです。

なぜ肥満になると妊娠しにくくなるのでしょうか。

 

☑そもそも肥満傾向の人は、ホルモンのバランスも乱れていることが多い。

☑卵巣周りにも脂肪がつき、排卵しにくい。

☑不妊治療をしても、ホルモン剤が脂肪に吸収されて効果が出にくい。

☑肥満の人ほど、胚(受精卵が分割したもの)の質が悪く流産しやすい。

 

このような理由があります。もちろん肥満傾向の方でも、妊娠出産をした人がいないわけではありません。とは言え、妊娠に至っても産道に脂肪がついていて普通分娩は難しいなどのリスクもあります。

妊娠しやすい身体作りのためには、肥満を解消するのはとても大切なこと。
けれど、妊娠を急ぐあまりに焦って無理な食事制限をしたり、過剰なダイエットをしたりすることは、ストレスがたまる原因となり、ホルモンバランスも自律神経も乱してしまうため、逆効果です。

BMIが25以上の方は、1ヶ月に最初の体重の5%減を目標に、バランスの良い食事や運動を取り入れてダイエットをしてみましょう。

 


まとめ

今回は不妊とはなにかについてご説明しました。

肥満や自律神経の乱れ・身体の歪みを整えないままに妊娠すると、つわりや坐骨神経痛、腰痛などの妊婦さん特有のマイナートラブルに悩まされやすくなります。

 

妊娠生活は、人生の中でも限られた時間です。

貴重な時間を快適に過ごすためにも、

妊娠する前から身体不調整えておきましょう

 

愛YOUカイロプラクティック院は、単なる骨盤の調整だけではなく、自律神経や頭蓋骨に至る全身のバランスを整え、赤ちゃんが育ちやすい身体づくりを行うことができる治療院です。妊活整体はもちろんのこと、ダイエット整体も行っており、妊娠中、出産後のお母さんもたくさん通っています。

ぜひ一度、ご相談ください。

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: カイロプラクティック, セルフケア, ブログ, 不妊, 内蔵トラブル, 婦人科疾患, 猫背, 生理痛, 産後骨盤調整, 股関節痛, 自律神経失調症, 自律神経系, 身体の歪み, 頭蓋骨のゆがみ, 骨盤美容 | コメントする

頭痛の種類と自律神経との関係を徹底解明!|松山の整体

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

頭痛


頭痛と自律神経は密接な関係にある

 

頭痛起こす人自律神経乱れている

 

というのは大げさですが、あながち間違っていません。このブログを読んでくださっている方の中には、辛い頭痛症状に悩んでいる方がたくさんいらっしゃると思います。15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で、3000万人以上が悩んでいるというデータもあります。

数が多いだけに「頭痛くらい体質だから」と頭痛薬などを服用してやり過ごしている人が多いのではないでしょうか。一言で頭痛と言っても色々なタイプがあります。
そして、頭痛には必ず、頭痛を起こす原因があります。

今回は「頭痛」という症状について、頭痛の種類の紹介し、自律神経との意外な関係にも迫ってみたいと思います。

 


頭痛の種類 一次性頭痛と二次性頭痛

頭痛の症状というと、ズキンズキンという痛み、締め付けられるような痛みなど、人により様々な表現がありますね。どの頭痛も慢性的な症状と思いがちなのですが、実は頭痛の中には生命を脅かすものもあります。

一次性頭痛

・緊張型頭痛
・偏頭痛(片頭痛)
・群発頭痛
二次性頭痛

・くも膜下出血
・髄膜炎

 

一次性頭痛

いわゆる「頭痛持ち」の頭痛です。
特に明確な疾患はなく、慢性的な頭痛となっているものを一次性頭痛と呼びます。
【緊張型頭痛】【偏頭痛(片頭痛)】【群発頭痛】
この三つが、有名な一次性頭痛の三兄弟。

     緊張型頭痛     

一次性頭痛の中で最も多いのが、この緊張型頭痛。パソコンなどのデスクワークなどをしている人に多く、「頭を鉢巻きで締め付けられるような痛み」と表現される、じんわりとした圧迫痛があります。

痛む場所は頭全体、後頭部、首の付け根辺りです。痛みの持続時間は、数時間から長ければ数日、それが毎日起こる人もいれば1ヶ月に数回という人もいます。

頭痛がしている間は、家事や仕事は辛くはありますが、動けないほどではありません。
むしろ動いた方が調子の良い人もいます。頭痛以外にも、肩こりや首こりを自覚している場合もあります。痛みのある部分を温めると効果があり、入浴やシャワーなどで痛みが和らぐことが多いです。

緊張型頭痛は、姿勢の悪さや、長時間のデスクワークでの同じ姿勢、運動不足や体の冷えなどの生活習慣により、身体的にストレスがかかっていると起こりやすくなります。

具体的には、同じ姿勢をとることで首筋から肩にかけての筋肉が緊張して硬くこった状態になり、頭痛を誘発します。また、身体的ストレスだけでなく精神的ストレスが影響することもあります。

 

自律神経乱れはその典型的なものです。

 

仕事や家庭でのトラブルが原因で、常に精神的に緊張を強いられると、交感神経が優位な状態が続き、頭~首や肩周りの筋肉が緊張して硬くなるので神経が圧迫されて頭痛となります。

 

    偏頭痛(片頭痛)   

偏頭痛は、脈拍と連動した「ズキンズキン」とした痛みが特徴です。
痛む場所は片側のこめかみ辺りが多いのですが、両側で起こる事もあります。痛みの持続時間は数時間から数十時間、起こる頻度は月に数回から週に数回の方までさまざまです。

緊張型頭痛と違い、痛みが起こり始めると吐き気などの他の症状も伴うことが多く、頭痛も強いために、動くこともままならない人が少なくありません。また、痛みがある間は音や光に敏感になり、じっとしていないと辛い場合が多いです。

男性よりも女性の発症率が高く、30代の女性では5人に1人が偏頭痛だと言われています。偏頭痛は、月経との関連が深いのも女性に多い一因です。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、月経周期に伴って大きく変動し、排卵日と月経開始期に急激に低下します。このエストロゲン分泌量の急激な変動が、頭痛発作にも大きく関係しているのです。偏頭痛が起こる誘因にも、やはり自律神経が関わっています。

 

そもそも偏頭痛は、
血管過剰拡張し、
神経圧迫するため起こります。

 

血管を拡張させているのは副交感神経ですが、過剰な拡張は交感神経優位の状態が長く続いた反動と言われています。例えば、責任重大な仕事をやり終えたとき、大きな悩みから解放されたときなど、緊張がとけてほっとしたとたん、偏頭痛が始まってしまったというパターンが多くあるのです。

 

     群発頭痛     

群発頭痛は男性に多い頭痛です。
一次性頭痛の中では最も痛みが強く、群発地震のようにある期間に集中して頭痛が起こるところからこの名が付けられました。

頭痛の起こっている時期を「群発期」と言い、この期間以外では頭痛はすっかり治まってしまいます。頭痛は頭の片側が痛み、毎日ほぼ同じ時刻から痛みが現れ、痛みの持続時間は十数分から3時間程に及びます。

痛みの程度は「目がえぐられるような痛み」と表現されるほどに激しいもので、痛みでじっとしてはいられないこともある程です。頭痛以外にも、結膜の充血、鼻づまり、鼻水、まぶたの浮腫み、顔の発汗などが起こる事もあります。

群発頭痛は、アルコールが引き金となって起こるのですが、発症のメカニズムはまだまだ不明な点が多いのが現状です。

 

二次性頭痛

何か脳に原因の疾患がありその症状として出ている頭痛を二次性頭痛と呼びます。
時として命の危険性もあります。例としてあげるものは以下です。

   くも膜下出血   

命に関わる頭痛として、一番気を付けなければいけない疾患がくも膜下出血です。
40代~60代に多く、男性よりも女性の方が発症率は高くなっています。

脳を覆う3つの髄膜のうち、2番目のくも膜と3番目の軟膜の間のくも膜下腔という部分に出血した状態で、原因の8割が脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)の破裂によるものと言われています。脳動脈瘤は、脳の動脈の一部が膨らんでコブが出来、血管の壁が薄く脆くなってしまった状態です。

膨らんだ風船を想像すると分かりやすいと思います。
限界まで膨らんだ風船は、ゴムが伸びて薄くなり透けてちょっとの刺激でも割れてしまいますね。

症状としてよく耳にするのは「バットやハンマーで殴られたような」という程の激しい痛みです。くも膜下出血は、発症した3割の方が命を落とす怖い疾患です。いつもと明らかに違う頭痛が起こった場合は必ず病院を受診しましょう。

 

     髄膜炎     

髄膜炎は脳や脊髄を保護している髄膜に、炎症が起こってしまう疾患です。

原因には細菌、ウイルスがありますがどちらも頭痛が症状としてあり、特に細菌性は重篤になりやすく、命の危険が高いため速やかな処置が必要です。小児の病気と思われがちですが、大人も決して油断できません。最初は風邪のような症状で、その後急激に悪化します。

頭痛以外の症状もあり、おかしいと思ったら緊急に受診が必要です。
その他、脳腫瘍、脳炎、脳出血など、脳に原因がある疾患は、ほぼ頭痛が症状として現れます。

 


頭痛と自律神経

何度か述べたように、頭痛は自律神経にとても深い関係があります。

 

特に一次性頭痛は、二次性頭痛と違って、
原因があって頭痛
起こしているわけではないのです。

 

現代の日本人はストレスを抱え生活をしています。それは、誰もが多かれ少なかれ感じているのではないでしょうか。ストレスを強く感じると、人間の身体は交感神経が優位になり筋肉を緊張させたり、血管を収縮させたりします。

その結果として、緊張型頭痛や偏頭痛が起こるのは、お話した通りです。もちろん自律神経の乱れだけで、頭痛が起こるとは限りません。身体的なストレスと相まって頭痛が起こっている人がほとんどなのです。そして身体的ストレスも、自律神経の乱れで悪化しかねないという事実もあります。

どちらが先なのかという話になりますが、

 

自律神経乱れ身体的ストレスの悪化さらに自律神経乱れる

 

という悪循環になっているのです。問題は身体的ストレスと自律神経の乱れ、どちらが先かということではなく、どちらも起こっているということ。

現代日本人にとっての自律神経の乱れは、仕事の複雑化によるストレスの増加、テレビ、スマートフォン、パソコンの使用による生活習慣の乱れなどに伴って、もはや当たり前のようになっていると言っていいでしょう。

ということは逆に言えば、半分諦めかけていた頭痛も自律神経の乱れを整えて、身体的ストレスを改善すれば慢性的な症状ではなくなる可能性があるのです。

 


予防と対策その① ~鎮痛剤に頼らず上手に使う~

薬が原因の頭痛・薬剤乱用頭痛を知っていますか?

緊張型頭痛や、偏頭痛にしても、痛みがある時は鎮痛薬を服用することが多いですよね。しかし、その鎮痛薬が原因となって起こる頭痛があるというのは、意外と知られていないのではないでしょうか。

頭痛持ちの方は、痛みへの不安から鎮痛薬を予防的に服用するようになります。そうすると、飲む回数や量が次第に増え、脳が痛みに敏感になります。痛みを感じるハードルが下がってしまい、以前よりも頭痛を感じる回数が増え、さらに鎮痛薬を服用する・・・という悪循環に陥ります。

鎮痛薬を日常的に服用している人は、一度、次の項目をチェックしてみましょう。

 

☑ 月に15日以上頭痛がある。
☑ 頭痛薬を月に10日以上飲んでいる。
☑ 朝起きたときから頭痛がする。
☑ 以前はよく効いていた頭痛薬が効かなくなってきた。
☑ 薬をいくら飲んでも頭痛が以前よりひどくなってきた。
☑ 頭痛の程度、痛みの性質、痛む場所が変化することがある。
☑ 以前は月に数回、片頭痛が起こっていた。

 

薬物乱用頭痛の改善は、鎮痛薬の使用を中止することに他なりません。

 

思い切って2ヶ月ほど中止します。初めのうちは中止した反動で、強い頭痛や吐き気が起こる事がありますが、原因となる鎮痛薬以外の薬で対処します。しばらくすると、毎日のように起こっていた頭痛はなくなり、もともとの緊張型頭痛や偏頭痛の症状に戻ります。その後に、もともとの頭痛への対処を行います。

 


予防と対策その②
~身体と心の緊張をコントロールするストレッチ~

頭痛を改善するために自分で出来ること

★頭痛体操(ストレッチ)

自分で出来る頭痛体操は、緊張型頭痛の痛みを軽くするだけでなく、偏頭痛の予防にもなりますのでご紹介します。頭痛を起こす人は肩こりや首こりを持っている人も多いため、その改善にもつながりますし、ストレッチをすることで呼吸が整い、自律神経の乱れにもアプローチできます。具体的には、首の後ろの深頸筋(後頸筋)群と呼ばれる、頭や首を支える筋肉を伸ばします。

① 腕振り体操 

顔は正面を向き、両腕を肩の高さに広げます。その状態から、
頭は動かさず、腕を水平に振って肩を大きく回します。
2分間行いましょう。
これをすることにより、肩を回転させて、頭と首を支えている
インナーマッスルをストレッチすることが出来ます。

*椅子に座っていても可能です。

 

② 肩回し体操 

*肘を外側に回す体操*
両肘を軽く曲げ、両手を胸の前あたりに持ってきます。
その状態から肩を中心として、肘を外側に大きく回します。
Tシャツを脱ぐイメージです。
*肘を内側に回す体操*
先ほどと反対に、両肘を軽く曲げた状態から肩を中心に、肘を内側に大きく回します。
上着を羽織るイメージです。

これらを各6回ずつ行いましょう。

注意点は、呼吸を意識しながら行うことです。ゆっくり吸ってゆっくり吐く、特に吐く息は副交感神経を刺激します。細く長く吐いてストレッチしましょう。また、偏頭痛の発作が起こっている時や、動くのも辛いほどに頭痛がしている時はやめておきましょう。

 


まとめ

今回は頭痛の種類と頭痛と自律神経の関係についてお話しました。

この記事で自律神経の乱れを整えて、身体的ストレスを改善すれば慢性的な症状ではなくなる可能性があることが分かりました。また、自分で予防対策することもできるというお得な情報もありましたね。

自律神経を乱す大敵はストレスですが、ストレスと無縁の生活を送るのは現代においてなかなか難しいと言えます。大切なことは、自律神経が乱れても、それを戻す事が出来るかどうかです。

 

自律神経整う
身体負担減らすことができ、
自ずとそれに伴う頭痛の症状も抑えられてきます

 

愛YOUカイロプラクティック院は、全身の調整を行い、頭痛解消だけでなく自律神経を整えるアプローチの出来る治療院として支持を得ております。頭痛持ちと思っている方の頭痛の原因は頭にはないことがほとんどです。

辛い症状は体質だから、薬を飲めばいいからと諦めずに、ぜひご相談ください。

 

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: めまい , エクササイズ, カイロプラクティック, セルフケア, ブログ, 疲労回復, 自律神経失調症, 自律神経系, 身体の歪み, 頭痛, 頭蓋骨のゆがみ, 首のトラブル | コメントする

ヘルニアのことがよくわかる整体院のヘルニア講座~頚椎編~|松山の整体

̋L̊ďC̎t@YOUJCvNeBbN@@@@Fc@`

ヘルニア ~頚椎椎間板ヘルニア~


3回にわたり、整体と深く関わりのある

腰椎椎間板ヘルニア鼠径ヘルニア頚椎椎間板ヘルニア

についてお話しています。最後は首のヘルニアである頚椎椎間板ヘルニアについてお話します。

「ヘルニア」と耳にして、イメージするのは「腰痛」つまり腰の症状である、腰椎椎間板ヘルニアである場合が多いと思います。それだけ、腰椎椎間板ヘルニアは一般的にもよく知られる疾患となりました。一方、頚椎=首で「ヘルニア」が起こってしまうことは、あまり知られていません。 こちらの記事をきっかけに【気を付けるべき首の症状】を知っていただけたら嬉しいです。

 


頚椎の仕組みと、驚くべきたくさんの働き

脊椎のうち、首にある7個の椎骨で、腰椎と同じく前側にカーブしています。
頚椎は全身を整える司令塔とも言われ、その働きは多岐にわたります。

1.頭を支える働き
2.首の動きやあごの動きをコントロール
3.肩甲骨を動かす働き
4.腕や手を動かす働き
5.自律神経への影響

などです。

人間の頭の重さは体重の1割くらいです。体重50kgの人ならば、頭の重さは5kg。5kgの米袋が首の上に乗っていると考えると、首への負担は相当なものだと分かりますね。

普段何気なく動かしている、手先や腕の動きに深くかかわるのも頚椎です。

・肘の曲げ伸ばしができない
・手の指を握れない、手の指を広げられない
・手首を上に反らす事ができない

これらの症状がある場合は、頚椎に原因があるサインです。

頚椎椎間板ヘルニアは、頚椎の椎間板が飛び出して、神経を圧迫してしまいしびれ・痛みの症状が出ます。そのプロセスは腰椎椎間板ヘルニアと同じです。場所が腰か首かの違いですね。

腰椎椎間板ヘルニアと違う点は、頚椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板ヘルニアと比べて「なりにくい」のです!椎間板ヘルニアと言われるとどうしても「腰」のイメージが強いのは、そもそも頚椎椎間板ヘルニアは少数派だからなのですね。

 

ではなぜ腰に比べて少ないのかというと、
それは椎骨違いのためです。

 

・腰椎は椎骨が平ら

 腰椎は椎骨が平らで、その間に挟まれている椎間板がつるっと出てきやすいのです。
ハンバーガーを食べたときに、パンに挟まれたハンバーグが滑って
飛び出してしまうことがありませんか?イメージとしてはあのような感じです。

 

・頚椎の椎骨は平らではない

頚椎の椎骨は平らではありません。
そのため、骨の端っこが防波堤のようになり椎間板が飛び出しにくい形状
になっています。

逆に考えると、飛び出しにくいということは、元に戻りにくいということでもあり、一度頚椎椎間板ヘルニアになってしまうと治りにくいのです。

 


頚椎椎間板ヘルニアの症状

全身の司令塔と言われるだけあり、頚椎の不調は全身の不調につながり、症状も多岐にわたります。

症状は1➡2➡3➡4の順に悪化していきます。

 

また、圧迫されている神経の場所によっても症状の違いがあります。7個ある頚椎を上から数えて1番目、2番目、3番目までにある神経は、頭に繋がっているため

・頭痛
・吐き気
・眼精疲労
・視力低下
・耳鳴り

などの、頭部を中心とした症状が起きます。

一方、4番目、5番目、6番目、7番目の神経は手や腕に繋がっているため

・手や腕のしびれ
・握力低下

などの症状が生じます。

一見すると、首とはあまり関係も無さそうな症状もありますね。吐き気や眼精疲労、耳鳴りなどの症状は、頚椎が自律神経と関わりがあることの証だとも言えます。

 


頚椎椎間板ヘルニアと言われたら

痛みや違和感を覚え病院を受診し、検査の結果、頚椎椎間板ヘルニアと診断されたらどのような治療が行われるでしょうか。

基本的な治療としては

・薬物療法(痛みに対して飲み薬や湿布、ブロック注射など)
・物理療法(痛みのある場所に電気、牽引、マッサージ、コルセットの使用)

これらは全て症状に対しての治療となります。そのため、少し症状が良くなったと思ってもまたぶり返し、治りきらないために不安を感じてしまう人も多いでしょう。

症状が進み、下半身症状が出ると日常生活にも影響が出ます。
そうすると医師から手術を勧められる人も多くなります。とは言え、手術は誰しもが不安に思うものです。

例え手術をして、飛び出した椎間板を削り神経の圧迫がなくなったとしても、結局は根本的な原因が分からなければ、いつまた再発するとも限りません。

 


頚椎椎間板ヘルニアの原因

 

このまま薬や物理療法だけで治るのか不安・・・
だけど、手術はもっと不安・・・

 

と考える方は、頚椎椎間板ヘルニアがどうして起こってしまうのか気になっているのではないかと思います。原因が分かって、そのアプローチができれば身体的にも精神的にも負担は軽くて済みますよね。

頚椎椎間板ヘルニアの原因は大きく4つに分けられます。

1.怪我や事故など首への直接的な損傷
2.仕事やスポーツなど首を酷使したことによる損傷
3.加齢による頚椎の損傷
4.身体の日常的な使い方の不良(姿勢不良)

1や2の原因が多いと思われがちですが、

 

頚椎椎間板ヘルニア原因圧倒的多いのは
姿勢不良や、
日常的身体使い方不良です。

 

身体の使い方が悪いがために、結果的に頚椎へ負担がかかりヘルニアが起こってしまうのです。腰椎椎間板ヘルニアの回でもお話しましたが、身体は一つのユニットであり、切り離されていません。

姿勢の悪さ、歩き方や走り方の悪さなど、個々での違いはありますが、日常的な身体のクセが頚椎に大きく影響してしまうことを知っておいて欲しいと思います。

 


さいごに

全3回にわたりお伝えしてきました「3つのヘルニアは整体と深く関わりがある」というお話。その意味がお分かりいただけたのではないかと思います。

 

頚椎や腰椎の椎間板ヘルニアも、鼠径ヘルニアも、
手術しかない
という状態から【整体により改善する人】は多数います。

 

症状が出ている部分だけを見ると手術、という考え方になってしまうのかも知れませんが、愛YOUカイロプラクティック院は、症状は結果に過ぎないという考えの下、全身のバランスを基準にあなたの身体が正常の機能を発揮できるよう、根本的に改善していきます。その辛い症状をぜひ一度ご相談ください。

 

YOUJCvNeBbN@@089-906-7474@Rs{724
カテゴリー: カイロプラクティック, コリや痛み, ブログ, 椎間板ヘルニア, 猫背, 肩こり, 腰痛, 身体の歪み, 頭痛, 頭蓋骨のゆがみ, 顎関節症, 首のトラブル | コメントする