自律神経と筋肉の関係

 

  前回、自律神経と骨盤の関係性についてご紹介しました。自律神経の乱れについて気になる方はこちらの記事もよろしければチェックしてみて下さい。

自律神経失調症と骨盤との関係?

 

  簡単にまとめると、骨盤が歪んでしまうと自律神経系にも影響してしまい、様々な不調が出てきてしまうという事です。

また、反対に自律神経が機能しなくなってくると、骨盤が歪みやすい状態になってしまい、非常に悪い循環が起こってしまいます。

  この悪循環を止める為には、骨盤矯正や自律神経を整える工夫でアプローチして行けばいいという事です。

 

 

  今回は、自律神経と筋肉の関係性についてご紹介します。

  実際に、自律神経が乱れると筋肉が硬直し、身体がリラックス出来ない状態になってしまいます。あまり、知られていないのですがこのようにハッキリとした関係があるのです。その症状について詳しく説明していきます。

 

 

 

 

自律神経の乱れはストレスが引き起こす?

 

  自律神経が乱れる一番の原因は過度なストレスです。

  もちろんストレス以外にも原因はあります。生活リズムの乱れや、女性ホルモンの影響による発症も考えられます。しかし今回はその中でも一番の原因であるストレスに注目して話を進めていきます。しかし、ストレスといっても様々なものがあります。

 

 

身体的ストレスと精神的ストレス

 

  代表的なもので言うと、身体的ストレスや精神的ストレスです。

精神的ストレスはなんとなく想像がつきますよね。職場や学校、人間関係による不安やイライラ…その他、心の不安定な要素の事を指します。

  それとは対照的に身体的ストレスとは、過食や、偏食、ケガや病気といったものによるストレスです。

  また、物理的ストレスや環境的ストレスといって、暑さや寒さ、高気圧や低気圧などによるストレスや、騒音やほこりによるストレスも存在します。

身体的ストレスは身体に負担を与えるもので、精神的ストレスとは心に負担を与えるものだと考えて大丈夫です。

 

 

  ストレスと聞いて多くの人が考えるのは、精神的ストレスですよね。

  しかし、精神的ストレスのほかにもストレスになる原因は存在しており、それらも交感神経を刺激してしまう原因になります。

暑い、寒いといった気温によるストレスも気付かぬうちにかかってしまっているものなのです。また、骨盤の歪みや過食などによってもストレスは感じます。

 

  夏場の暑い日に、食欲が出ないため上手く食事(栄養)が取れず、職場に向かうだけでも暑さによる気温のストレスと食事によるストレスを感じる事になります。

 

  そのため、自律神経失調症の患者さんにストレスの自覚がないことも多いのです。ストレスなんか感じていないのに変に身体の調子が悪い…なんて思った時はストレスによる自律神経の乱れを疑いましょう!

 

 

自律神経と筋肉の関係について

 

  本題の自律神経と筋肉の関係について話します。自律神経は交感神経と副交感神経が交互に働く事によって機能する神経です。

改めて紹介しますと、交感神経は昼間優位に働いて、主に運動する時に働きます。

  副交感神経というのは主に夜働き、リラックスしている時に優位になる神経です。交感神経と副交感神経の働きを知っておくことは自律神経失調症を知っておく上で非常に大事です。これも前回記事にしていますのでよろしければチェックしてみて下さい。

 

交感神経と副交感神経とは?

 

交感神経が優位になり過ぎる?

 

  交感神経が優位になり過ぎると、身体は常に緊張している状態になります。

 

  ストレスが多ければ多いほど交感神経は良く働きます。というのも不安や緊張をどうにかしなければならない!という脳の指令で筋肉が戦闘状態になるんですね。

筋肉にたくさんの酸素や栄養を送り込むことで筋肉のパフォーマンスを上げようとしているのです。

 

  これが試合前や作業中ならとても都合がいいのですが優位になり過ぎた交感神経は夜寝る前などにも突発的に活動を始めます。

そうなると筋肉は硬直し心臓はバクバク、とても眠れるような状態ではないですね。

%e8%87%aa%e5%be%8b%e7%a5%9e%e7%b5%8c%ef%bc%bf%e7%ad%8b%e8%82%89

 

感情を筋肉で押さえ込む?

 

  感情を押さえ込む時、人は筋肉に力を入れて感情を押さえ込みます。

 

  特に咬筋や側頭筋といった噛む筋肉や、表情筋、首の筋肉をよく使います。この時、人は感情を押し殺している事に気付いていないため、感情の押さえ込みを繰り返すことでどんどん筋肉は硬くなっていきます。

そして、その筋肉をそのままにしておくことで、人は感情を押さえ込むことに慣れてしまい、ストレスはどんどん溜まっていきます。

 

hone11e

 

※特にオレンジ色の部分が凝りやすい

 

うつ病を引き起こす可能性?

  感情を解放することが出来ないと、うつ病に繋がることになります。

  一番いいのは感情を押さえ込まない事です。泣きたい時に泣き、怒りたい時に怒る。これがストレスを溜めないための一番の方法です。

 

  しかし、現代社会でそんなことできませんよね。理不尽なクレームにも真摯に対応しなければならない。これではストレスが溜まってしまうのも無理はありません。

ここで大事なのは、定期的に自分の感情を出せる場を作る、という事です。簡単ではありませんが自分が感情を解放できる場所を作る事が非常に大事になってきます。

 

 

  感情を押さえ込むことに慣れすぎると、我慢することが当たり前になり、我慢している事自体感じなくなってきます。つまり感情を押さえ込むことに慣れる、という事です。

この慣れ、が非常に危険で、身体や脳が、感じている感情や緊張に対して鈍感になります。

  身体の症状に鈍感になるという事は自分の身体の危険に気付くことが出来ません。それで、気付かぬうちにうつ病などを発症してしまうことになります。

 

  感情を押さえ込む上で一番使われる筋肉は表情筋です。表情筋とは顔についていて頬を動かしています。自分で揉んで筋肉をほぐすのも良いですし、美顔ローラーなどを使うものほぐすのに適しています。

 

 

まとめ

 

  このように、うつ病や自律神経失調症というのはカウンセリングなどの精神的なアプローチだけではないのです。

精神的にどうにかしなければならない、という焦りも症状悪化の原因になってしまいます。整体や自分でほぐすなどして身体的なアプローチで効率良く症状の治療を行いましょう。

 

  表情筋だけでなく、肩や首の筋肉も感情を押さえ込むことによって無意識に凝りやすい筋肉と言えます。定期的に凝り過ぎていないか、チェックし、もし硬いと感じたら湯船でほぐすなどして筋肉が凝った状態が続かないようにしましょう。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 自律神経失調症, 骨盤美容 | コメントする

骨盤が痛いのは歪んでいるから?

 

  上半身と下半身を繋ぐ土台である骨盤。

  身体の中でも重要な部分であるため、丈夫に出来ているのですが、歪みや周辺の筋肉、靭帯への負荷によって痛みが生じる事があります。

腰のあたりが痛かったり、骨盤周辺に痛みが出たりと場所は人それぞれで、痛みの種類も違ってきます。

  例えば、何もしなくても痛かったり、立ったり座ったりという日常動作を行う時に痛い、や触ったり押すと痛い、といった症状があります。

 

  今回はそんな骨盤の痛みについて今回はご紹介します。

 

 

 

骨盤が痛む原因とは?

 

  骨盤が痛む原因はちょっとした歪みから疾患まで様々です。

  その中でも特に多いと考えられる原因は日頃の癖による骨盤の歪みです。骨盤の歪みが身体に様々な悪影響を及ぼすことを前回ご紹介しましたが、骨盤が痛むというのも例外ではありません。

 

骨盤の歪みあるとどんな不調が?

 

  骨盤の歪み方にも左右のバランスが歪んでいるのか、開きすぎているのか、閉じすぎているのか、といった種類があります。

  左右のバランスが歪んでいると、左右の足の長さにも差が出てきますので高さの差によって足の付け根に負担が掛かり股関節に痛みを生じる事になります。

 

  また、骨盤が開きすぎていると、内臓が下垂して、それを支えるために骨盤周辺の靭帯や筋肉に負担を掛けてしまうこともあります。

  骨盤がねじれて歪んでいると、腰の全体が痛んだり、腰をひねった時に痛みが生じます。

 

 

骨盤が歪む原因とは?

 

主な原因として、

 

・いつも同じ足重心で立っている。

・脚を頻繁に組む。

・座り方に問題がある。

 

という事が考えられます。特に足を良く組む女性の方も少なくありませんよね。

  良く足を組む方のほとんどが、無意識に足を組んでいます。というのも、足を組むから骨盤が歪むのではなく、骨盤が歪んでいるから、足を組みたくなるのです。

また、良く足を組む方のほとんどが無意識にいつも同じ方の足を組んでいます。

 

%e8%b6%b3%e7%b5%84%e3%81%bf_%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 

 

骨盤が歪んでいるから足を組みたくなる?

 

  骨盤が歪んでいると、脳が身体の歪みを感じ、身体を安定させようとします。すると、足を組み骨盤の歪みを矯正しようとします。

  しかし、これは逆効果で骨盤の歪みをひどくしてしまうんですね。逆に骨盤が歪んでいない人は足を組むと不自然な感じであまり落ち着かないのです。

  ですので、足を組むといった行為自体が身体の歪みの合図とも言えますね。

 

 

足を組まないようにするには

 

  足を組まないようにするには、まず足を組まないように心掛けることが大事です。しかし、長年の癖はそう簡単に治せるものではありません。

最初のうちは気付いたら組んでしまっていた!なんてこともあるでしょう。そんな時は組んだ脚と逆の足で組むようにしましょう。

  定期的に両方の足を使う事で、片方への歪みを集中させないためです。

  また、椅子や机の高さも影響してきます。自分に合った机やいすを選ぶと足を組むことも少なくなるかもしれません。

 

 

座り方にも要注意!

 

  座り方も大きな原因の一つです。特に「お姉さん座り」や「女の子座り」といった座り方は骨盤の歪みに直結してきますので、特に女性の方で洗濯物をたたむ時や休憩がてらに少し座り込むときなど気をつけましょう。

楽な座り方かもしれませんが、こういった座り方は骨盤に非常に負担を掛けています。

 

  椅子に座る際も、椅子に腰を浅くかけて座るやり方を続けていると、骨盤は徐々に後傾していきますので、椅子に座る際もあまり背もたれを利用しない方が骨盤のためにはいいでしょう。

 

  こういった原因を踏まえて、なるべく身体の片側だけに負担をかけるような習慣を無くすことが大事です。

普段立っている時もなるべく重心をかたよらせない。

座っている時もなるべく足を組まない、という風に少しずつでも意識していけば習慣は変わってきます。

 

  こういった骨盤の痛みというのは痛みがある所だけに問題があると考えてはいけません。

  全身の歪みが骨盤の痛みとして現れているのです。

  そのため、骨盤の痛みが出たら全身のチェックが必要です。全身の歪みを取るためには整体が効果的です。

 

  今回は紹介しませんでしたが、内臓の疾患やクラミジアなどの感染症による骨盤周辺の痛みもあります。

また、女性は出産があるため、その影響で骨盤の痛みが生じる事もあります。

 

  今回、骨盤の痛みを引き起こす歪みの原因についてご紹介しました。

  何度も言いますが、日頃の歪みが原因となりますので足を組むことであったり、立った時の重心であったり、自分の日頃の癖をチェックしてみましょう。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 産後骨盤調整, 骨盤美容 | コメントする

スクワットをすると痩せる?

 

  以前のブログで、骨盤矯正によってダイエットの効率を上げる事が出来ることをご紹介しました。

それは歪んでいた骨盤が正しい位置に戻る事によって、太もも付根付近にあるリンパ管の流れが良くなるからです。

リンパの流れが良くなると、全身の代謝が上がり、カロリーを消費しやすい身体になります。

そうなると、どんどん痩せやすい身体になっていくという事です。また、下半身太りやで尻といった女性特有の悩みも解決することが出来ます。

  このように、ダイエットと骨盤、そして下半身には大きな関係があります。今回はそんな下半身とダイエットの関係についてご紹介しようと思います。

 
 
そもそもどうやったら痩せる?

  まず、カロリーと痩せるという事には大まかに3つの関係性があります。

消費カロリー > 摂取カロリー : 痩せる

消費カロリー ≒ 摂取カロリー : 変わらない

消費カロリー < 摂取カロリー : 太る

 

  基本的には、このように考えて大丈夫です。

  ちょっと太ってきたかな、と思ったら、運動したり食べる量を減らしたりしますよね。

これは、消費カロリーを大きくして摂取カロリーを下回らないように工夫したり、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように工夫しているという事なんです。

  私たちは、痩せようといている時は自然と消費カロリーや摂取カロリーの事を考えているわけです。

 

 

  摂取カロリーとは、食べ物から取り入れるカロリーの事です。

多くの場合は食べ物の量や内容を変えて摂取カロリーを変えようとしていまいますが、大事なのは消費カロリーのほうです。

消費カロリーは運動の度合いによって大きく変わるものだと考えている方も多くいらっしゃるのですが、実は、一日の消費カロリーのほとんどが基礎代謝によるものです。

基礎代謝というのは、生きる為の最低限必要なエネルギー消費の事です。例えば、内臓を働かせたり、心臓を動かしたり…、どれも自分の意識ではコントロールできるものではありません。
%e5%9f%ba%e7%a4%8e%e4%bb%a3%e8%ac%9d%ef%bc%bf%e5%89%b2%e5%90%88%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

(基礎代謝:70% 生活活動代謝:20% DIT:10%)

 

 

  生活活動代謝というのは、日頃の動作や運動によって使われるエネルギーの事で、DIT(食事誘導性体熱産生)というのは食事のための内臓などの働きによって消費されるエネルギーの事です。

では、どうすれば基礎代謝を上げることが出来るのかというと、答えは筋肉です。

 

  実は、基礎代謝の中で最も消費カロリーが大きいのは、筋肉です。

筋肉量が増える事で、基礎代謝量が上がり、太りにくく、痩せにくい身体になります。逆に、筋肉量が少ないと、太りやすく痩せにくい身体になってしまいます。

 

  そこでオススメしたいトレーニングが“スクワット”です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%88

  スクワットをする時の注意点ですが、膝がつま先よりも前に出ない事と、背筋を丸めず、真っ直ぐにして行う、という2点に注意して行うようにして下さい。もし、やり方を間違えると効果が出にくくなってしまいます。

スクワットをすることによるメリットは、

 

・スクワットによって鍛えることが出来る大腿四頭筋が身体の代謝に大きく関わっている事

・正しくスクワットを行う事で、骨盤矯正も出来る。

 

  スクワットによって鍛えることが出来る“大腿四頭筋”“ハムストリングス”という筋肉群は、人間の体の中でも最大の筋肉です。

  太ももの筋トレは、腹筋を行うよりも何倍もダイエット効果があります。大きな筋肉というのは、活動するのにそれだけ多くのエネルギーが必要という事です。また、スクワットを行う事による生活活動代謝のカロリー消費も期待することが出来ます。

 

  また、骨盤矯正が出来る事に対しては色んな説がありますが、ガニ股でスクワットを行うと、骨盤矯正に効果があるとされています。

 

  いかがでしたか?

  今回のブログで一番伝えたかったことは、ダイエットはやみくもに行うよりも消費カロリーや摂取カロリーを考えた上で行う方がはるかに効率が良い、と言いことです。

成長期に無理なダイエットを行ってしまうと、身体に大きな負担が掛かってしまったり、低栄養な食事ばかり続けていると“低栄養性脂肪肝”といった肝臓の病気を引き起こしてしまう事もあります。

  長く健康でいるためにも、無理なダイエットは行わずに、しっかりと必要な栄養を補給して体に無理がないやり方で行っていくといいですね。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: 骨盤美容 | コメントする