腰痛の見分け方

  最近腰が痛い、そしてネットを見ても自分がどんな症状なのかあまり分からない…。

という方に向けて、今回は代表的な腰痛の特徴やそれらの見分け方についてご紹介したいと思います。

 

 

◆ぎっくり腰

  一番馴染みのある腰痛が、この”ぎっくり腰”だと思います。

  実はぎっくり腰、という名前は俗称であり、本来の症状名は”急性腰痛症”と言います。欧米では「魔女の一撃」とも比喩され、重い物を持ったりした際の、突発的な痛みが特徴です。
  このぎっくり腰の原因は、何か腰に悪い動作を行ったことが原因で起こったと考えられがちですが、実はそうではなく、体の柔軟性やバランスと強い結びつきがあります。

  体のバランスが悪かったり、ケアが出来ていない事が原因で発症する、と考えましょう。この症状は”急性”であり、基本的には、短期間(2週間~3週間)で治るものだと考えて大丈夫です。

 

 

◆椎間板ヘルニア

  この椎間板ヘルニアの特徴は、腰の痛みと主に、神経の圧迫による痺れも伴います。

  主に20歳~40歳の男性に多く発症すると考えられており、発症してしまう原因は主に、加齢による筋力低下や、慢性的な疲労による骨盤の歪みです。

  これは何らかの原因で、体の状態が悪くなっている、という事なので、適切なケアを行えば、痛みや痺れの軽減を望めます。
また、この病気は腰だけでなく、足にも痺れが出ますので、下半身に痺れを感じたら、この椎間板ヘルニアを疑いましょう。

 

 

◆腰椎分離症

  この”分離症”は中高生が発症しやすく、腰椎への慢性的なストレスが原因です。

  特に、野球、サッカー、バレーボールと、腰をひねる動作の多いスポーツをしていると発症しやすいと考えられています。特徴は、初期的な症状であれば、一度痛みが出てしまっても少し休んでいれば痛みが引いていくので、大した症状じゃない、と思われがちです。

  しかし、何度も痛みの波を経験するのであれば、分離症であるかもしれません。

%e8%85%b0%e7%97%9b

  腰痛は、痛み動けないほどのものであったり、少し時間が経つと治まったりと、症状がかなり変わってきます。

  腰痛の対処として、一番大事なのが、症状が軽いうちに出来る限りの治療を行うことです。放っておけば治るだろうと、症状を軽く見てしまうのではなく出来る限り早い段階での治療を心がけましょう。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: 腰痛 | コメントする

【喜びの声】外反母趾 痛みもなく旅行を楽しめました

  こんにちは。愛YOUカイロプラクティック院でございます。
お客様から喜びの声を頂きましたので紹介させて頂きます。

 

  67歳 主婦

 

  足の甲にずきずきと痛みがあり、階段の昇降や正座が出来なくなっていました。
  病院で診てもらうと、手術しかありません、と言われましたが、出来れば手術はせずに良くしたいと思い、テーピングなどで対処していました。

 

  しかし、痛みは続き、愛YOUカイロプラクティック院にお越し頂きました。
はじめ、足の指を動かせず、体重をしっかりと支えられない状態でした。まず指が動かせるように調整していき、2回目の調整のあと、痛みはかなり軽減されました。

 

  当院での外反母趾矯正以外にも、自宅で足の指での「グー・チョキ・パー」の動きや、タオルを掴む練習をしてもらい、今では指がかなり柔軟に動かせるようになりました。
  旅行で長い距離を歩いても平気だったようで、楽しめましたと嬉しそうにご報告を頂きました。

 

  外反母趾は足の指が変形している状態ですが、指を動かせないことで体重を正しく支えられず、痛みを出すようになります。変形自体よりも、まずは足全体で体重を支えられるように調整し、セルフケアで指の体操をしてもらうと、外反母趾の痛みはしっかりと取れていきます。

 

  体操を毎日欠かさず行って頂き、順調に改善していきました。日々の努力の賜物ですね。
  快く感想も書いて頂きまして、ありがとうございました。

 

辛かった痛みがとれたことがなにより嬉しいです

辛かった痛みがとれたことがなにより嬉しいです

旅行も楽しめました

旅行も楽しめました

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: ブログ, 外反母趾 | コメントする

産後の骨盤矯正の方法とは

 

  女性にとって人生の中でも大きなポイントとなる出産。実は出産直前には、骨盤が大きく開きます。これは、無理なく赤ちゃんを出産するために、身体が準備をするからです。産後、普通は3~6カ月かけて自然と閉じていくものですが、人によってはスムーズに骨盤が閉じ切らずに、この過程で様々な問題を抱えてしまいます。

 

  例えば、妊娠する前の体型に戻らなかったり、腰回りが太くなったり、少し体重が増えてしまったり…。どれも開いた骨盤が上手く閉じずに起こるものだと考えていいでしょう。今回はそんな産後の症状を抑えるための産後のケアについてご紹介します。

 

%e7%94%a3%e5%be%8c%ef%bc%bf%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

 

  産後は、無理な体制で赤ちゃんを抱いたり、授乳によって骨盤に負担を掛けがちです。産前、産後は、女性の骨盤周辺の靭帯や筋肉はとても柔らかくなっています。これは、妊娠出産のため、リラキシンホルモンという靭帯や関節を緩めるホルモンが分泌されているからです。このため産前産後は骨盤が歪みやすいのですが、逆に骨盤を正しく矯正するチャンスでもあるわけです。
 

  出産後すぐは悪露などの出産の影響が身体に残っています。なるべく早い段階で骨盤矯正を行う事が理想ですが、身体に無理をしてまで骨盤矯正を行う必要はありません。今回は、身体に負担の少ない産後の骨盤のケアについてご紹介します。

 

ベルトで骨盤を安定させる?

 

  産後は、骨盤の少しの歪みも影響してきます。日頃の生活で常に姿勢や悪い癖を意識して直しているのであれば骨盤は歪まないのですが、出産後はなにかと大変ですので、なかなかそこまで気が回りませんよね。そこで、骨盤矯正ベルトを利用することで、骨盤を安定させる方法があります。もっとも、出産直後はかなり身体がデリケートになっています。骨盤ベルトにも産後すぐ使えるものや、産後1か月からの使用を推奨しているものがありますので、自分の身体と相談しながら選びましょう。

 

  また、ベルトのサイズですが、これは妊娠中の体重増加によって違ってきます。妊娠中の体重増加が8㎏を越えている方はすこし大きめのサイズを選ぶといいでしょう。

 

整体で骨盤矯正を行う

 

  産後は靭帯や関節が柔らかくなっているので、整体による骨盤矯正も効果的です。骨盤周辺だけでなく全身の歪みをチェックしますので、今後の骨盤の歪みを予防することも期待できます。
  整体の骨盤矯正と聞くと、ぐいぐい押されたり、バキッと骨を鳴らすような方法を想像されるかも知れませんが、ほとんど痛みや刺激を感じずにしっかりと矯正する方法も研究されています。当院の手技も、臨月の妊婦さんでも問題なく受けて頂ける手法なので、身体に負荷なく調整できます。

 

ストレッチや体操で骨盤矯正を行う

 

  出産後は何かと大変ですので、整体に通う時間が…。という方は、自宅で簡単に出来るストレッチや体操もありますので、参考にしてみて下さい。
産後のストレッチは太ももと股関節のストレッチが効果的です。特に太ももの筋肉が張っている事が多いので、太ももの内側と外側をほぐしてあげるといいでしょう。
 

  太ももの内側を伸ばすストレッチは、まず、膝を曲げた状態で寝て、その状態から足を開きます。この時膝の角度が90度位になる様にして下さい。この状態を10秒ほどキープします。これを1日5回ほど繰り返します。脚を広げる際は息を吐きながら行うように気を付けて下さいね。

 

%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81
 

  反対に外側を伸ばすストレッチは、膝を立てた状態で座り、この状態から片方の足の足首をもう片方の太ももに当てます。この状態を作り、そして膝を上げた方の足の方向に倒していきます。近い方の膝が地面についた状態で、10秒キープです。これを左右片方ずつ行います。膝を倒す時にお尻を浮かせてしまうと太ももの外側の筋肉があまり伸びませんので、お尻はしっかりと付けた状態でこのストレッチを行うようにして下さい。

 
 

  今回は、産後の骨盤ケアについてご紹介しました。今回紹介した内容を自分の身体の状態と相談しながら行えると理想的です。ただし、産後に体調が悪い時は、まずは食事管理や栄養補給を優先して行い、体調が戻ってきてから体操やストレッチを行う、など決して無理はしないでくださいね。
 

  また、愛YOUカイロプラクテック院では、産後腰痛を伴う骨盤矯正にお越しになられる患者さんが沢山いらっしゃいます。出産後まだ間もない赤ちゃんにもベビーベットを用意していますのでお母さんの横に置いて施術が可能です。是非お子様と共に安心して御来院ください。

松山市松前町の整体 整体は愛YOUカイロプラクティック院へ。肩コリ・腰痛・スポーツ障害・体質改善に最適です。
カテゴリー: 産後骨盤調整 | コメントする